アプリの種類の選択

ガイドアプリケーションアプリの種類の選択

アプリの種類の選択

選択するBoxアプリケーションの種類は、プロジェクトのユースケースによって異なります。以下に、各種の概要を示します。

カスタムアプリ

認証方式OAuth 2.0JWT、およびアプリトークン認証
機能Webhook、アプリギャラリー、ウェブアプリ統合

Box Platformを使用する非常に柔軟な方法は、間違いなくカスタムアプリ統合です。カスタムアプリはさまざまな認証方式をサポートするほか、ダウンロード、アップロード、表示、検索などの操作を可能にします。

カスタムアプリケーションは、通常、カスタムインターフェイス内でBox機能をユーザーに表示します。Boxでは、閲覧、検索、表示などのカスタマイズ可能な機能にUI Elementsと呼ばれるあらかじめ作成されたユーザーインターフェイスが用意されています。また、独自のユーザーインターフェイスを作成することもできます。

カスタムアプリを使用する場合

アプリケーションが以下のような場合に、カスタムアプリを使用すると最も効果的です。

  • OAuth 2.0JWT、またはアプリトークン認証を使用する
  • ファイルをアップロードおよびダウンロードする
  • 自分が所有するファイルにも、他のユーザー(外部ユーザーを含む)が所有するファイルにも自由にアクセスする
  • Boxアプリギャラリーにアプリケーションを掲載する
  • Boxウェブアプリとの統合を可能にする

カスタムアプリの詳細を確認する

アプリのユースケース

以下は、カスタムアプリのユースケースの例です。

  • アプリケーション内のファイル保存場所。これにより、エンドユーザーが自分と共有されているファイルにアクセスできると同時に、従業員にもBoxウェブアプリを介して同じファイルへのアクセス権限が提供されます。

    この一例として、ファイナンシャルアドバイザーは、独自に構築したアプリケーション内で閲覧またはコメントが可能な取引明細書や投資目論見書を投資家と共有します。

  • アプリケーションのファイルアップロード機能。これにより、エンドユーザーは、独自に構築したアプリケーション内からBoxにファイルの送信とアップロードを行い、Boxウェブアプリを使用してビジネスプロセスを開始できます。

    この一例として、候補者が採用ポータルに送信した経歴書のPDFは、審査のため適切な従業員に転送されます。

カスタムスキル

認証方式スキルイベントにおけるアクセストークン
機能制限されたAPIアクセス

カスタムスキル(Box Skill)とは、Boxにアップロードされたファイルに対してカスタマイズした処理を実行する一種のアプリケーションです。スキルは、サードパーティの機械学習サービスを使用して、Boxにアップロードされたファイルから情報を自動的に抽出できるようにすることを目的としています。

Box Skillsは、Box管理者がフォルダに対して有効にする必要があります。そうすると、ファイルがフォルダにアップロードされるたびに、イベントがSkillのアプリケーションサーバーに送信されます。その後、このアプリケーションはファイルをダウンロードするか、調査するか、機械学習サービスに渡し、効果的なメタデータをファイルに書き込むことができます。

Box Skillsの操作は、各スキルイベントに事前承認済みのAPI資格情報を提供することによって簡素化されます。ただし、このような理由により、Box SkillsでのAPIアクセスは、主にファイルの読み取りとファイルへのメタデータの書き込みに制限されます。

カスタムスキルを使用する場合

アプリケーションが以下のような場合に、カスタムスキルを使用すると最も効果的です。

  • Boxにアップロードされたファイルにメタデータの追加のみを行う
  • 新しいファイルをアップロードしない、またはその他のAPI呼び出しを実行しない
  • 認証を処理する必要なく、機械学習サービスにファイルを渡せるようにする

カスタムスキルの詳細を確認する

スキルのユースケース

以下は、カスタムスキルのユースケースの例です。

  • 画像からナンバープレートの詳細を自動的に抽出し、その詳細をキーワードとしてファイルに書き込むプロセス
  • 動画内で顔を自動的に検出し、検出した顔が表示された時点のタイムスタンプをタイムラインとしてファイルに書き込むプロセス
  • 動画ファイルから音声を抽出し、音声の書き起こしをそのファイルに書き込むプロセス

企業統合

認証方式OAuth 2.0JWT
機能Webhook、アプリギャラリー、ウェブアプリ統合

企業統合はカスタムアプリに似ていますが、OAuth 2.0およびJWT認証に限定されています。そのため、カスタムアプリケーションを使用し、構成することをお勧めします。

パートナーの統合

認証方式アプリトークン認証
機能制限されたAPIアクセス

パートナーの統合はカスタムアプリに似ていますが、アプリトークン認証に限定されています。そのため、アプリトークン認証でカスタムアプリケーションを使用し、構成することをお勧めします。