開発者トークン

開発者トークン

開発者トークンは、開発およびテスト中に開発者が利用できるアクセストークンです。これらのトークンは60分後に期限切れになる有効期間の短いトークンで、自動で更新することはできません。

開発者トークンは、常に開発者のユーザーアカウントとして認証され、その他のユーザーとして認証されることはありません。この点が、他の大半の認証方式と異なります。

開発者トークンの作成

アプリケーション用に開発者トークンを作成するには:

  • Box開発者コンソールに移動し、開発者トークンの作成対象となるアプリケーションを選択します。
  • サイドバーで [構成] を選択します。
  • [開発者トークン] セクションで、[開発者トークンを生成] を選択します。

開発者トークンの使用

開発者トークンは、さまざまなアクセストークンと同様、API呼び出しのAuthorizationヘッダーで使用できます。

curl https://api.box.com/2.0/users/me \
  -H "authorization: Bearer [DEVELOPER_TOKEN]"

開発者トークンは、トークン作成時に開発者コンソールにログインしていたユーザー(開発者)に関連付けられていることに注意してください。

SDKのほとんどは、基本のAPIクライアントを作成する際に、開発者トークンを使用して初期化することもできます。

.NET
var config = new BoxConfig("YOUR_CLIENT_ID", "YOUR_CLIENT_SECRET", new Uri("http://localhost"));
var session = new OAuthSession("YOUR_DEVELOPER_TOKEN", "N/A", 3600, "bearer");
var client = new BoxClient(config, session);
Java
BoxAPIConnection api = new BoxAPIConnection("YOUR-DEVELOPER-TOKEN");
Python
from boxsdk import Client, OAuth2

auth = OAuth2(
    client_id='YOUR_CLIENT_ID',
    client_secret='YOUR_CLIENT_SECRET',
    access_token='DEVELOPER_TOKEN_GOES_HERE',
)
client = Client(auth)
me = client.user().get()
print('My user ID is {0}'.format(me.id))
Node
var BoxSDK = require('box-node-sdk');
var sdk = new BoxSDK({
	clientID: 'YOUR-CLIENT-ID',
	clientSecret: 'YOUR-CLIENT_SECRET'
});

var client = sdk.getBasicClient('YOUR-DEVELOPER-TOKEN');

開発者トークンは実稼働環境で使用しないでください

開発者トークンは、開発およびテストのためだけに使用してください。トークンは自動的に有効期限が切れても、自動更新できないため、実稼働環境での効果は限定的です。