ユーザータイプ

ガイド 認証 ユーザータイプ

ユーザータイプ

アプリケーションが直面する可能性のあるユーザーのタイプにはいくつかあります。その主な違いは、ユーザーの管理者レベルの権限と、ユーザーが実際のBoxユーザーとプラットフォームアプリケーションのみに表示される仮想ユーザーのどちらを表しているかという点にあります。

管理者権限を持つユーザーには通常のユーザーとは異なる権限があるため、ユーザーのタイプは、アプリケーションからアクセスできるデータの種類に影響します。

概要

以下に、Box APIで使用可能なユーザーのタイプの概要を示します。

管理者権限管理者以外の権限
従来のユーザー管理者ユーザー管理対象ユーザー
プラットフォームのみサービスアカウントApp User

自分のアプリケーションで使用するユーザーのタイプ

アプリケーションがどのタイプのユーザーとして認証されるかは、作成したアプリケーションの種類と、アクセストークンの作成で使用した認証の種類に大きく依存します。