ユーザーとのファイルの共有

ガイド コラボレーション ユーザーとのファイルの共有

ユーザーとのファイルの共有

ファイルをユーザーと共有するには、ユーザーIDまたはメールアドレス、ファイルのIDのほか、ユーザーがファイルにアクセスする際に必要なロールまたは権限を使用してコラボレーションを作成します。コラボレーションロールはeditorviewerprevieweruploaderpreviewer uploaderviewer uploaderco-owner、またはownerです。各ロールについての詳しい説明は、Boxのサポートドキュメントを参照してください。

cURL
curl -i -X POST "https://api.box.com/2.0/collaborations" \
     -H "Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>" \
     -H "Content-Type: application/json" \
     -d '{
       "item": {
         "type": "file",
         "id": "11446498"
       },
       "accessible_by": {
         "type": "user",
         "login": "user@example.com"
       },
       "role": "editor"
     }'
.NET
// collaborate folder 11111 with user 22222
BoxCollaborationRequest requestParams = new BoxCollaborationRequest()
{
    Item = new BoxRequestEntity()
    {
        Type = BoxType.Folder,
        Id = "11111"
    },
    Role = "editor",
    AccessibleBy = new BoxCollaborationUserRequest()
    {
        Id = "22222"
    }
};
BoxCollaboration collab = await client.CollaborationsManager.AddCollaborationAsync(requestParams);

コラボレーションロールはeditorviewerprevieweruploaderpreviewer uploaderviewer uploaderco-owner、またはownerです。各ロールについての詳しい説明は、Boxのサポートドキュメントを参照してください。

ネストされたオブジェクト

コラボレーションの作成時には、リクエスト本文にaccessible_byitemという2つのネストされたオブジェクトを使用します。

accessible_byオブジェクトは、この項目の共有相手を指定し、グループidtypeを含みます。typeフィールドは常にuserに設定する必要があります。

itemオブジェクトは、共有する項目を指定します。このオブジェクトには、fileとして設定する必要があるtypeフィールドと、そのファイルのidフィールドがあります。