Postman

Postman

Postman要素を使用すると、[Load in Postman]ボタンを表示できます。

<Postman id='abc123' ></Postman>

Run in Postman

資格情報

デフォルトでは、このボタンを使用すると、access_tokenrefresh_tokenexpires_atclient_id、およびclient_secretがPostman環境と共有されます。これらの変数の値はブラウザのローカルストレージから読み込まれ、デフォルトでは以下のキーになります。

  • access_tokenrefresh_token、およびexpires_atの値はcom.box.developer.credentials
  • client_idcom.box.developer.credentials.client_id
  • client_secretcom.box.developer.credentials.client_secret

使用するそれぞれの値のセットを設定するには、envオプションを指定します。

<Postman id='abc123' env='example_name' />

この場合、値はローカルストレージの以下のキーから読み取られます。

  • access_tokenrefresh_token、およびexpires_atの値はcom.box.developer.example_name
  • client_idcom.box.developer.example_name.client_id
  • client_secretcom.box.developer.example_name.client_secret

Postman環境の名前

デフォルトで、資格情報はBoxという名前でPostmanにエクスポートされます。この名前を変更するには、要素にenvtitle属性を指定します。

<Postman id='abc123' envtitle='Box.com' />