Webhookの作成

Webhookの作成

V1 Webhookを作成するには、開発者コンソールで以下の手順に従います。

  1. 開発者コンソールで、目的のアプリケーションに移動します。
  2. [Webhook] タブを選択します。
  3. [新規Webhookの作成] ボタンをクリックします。
  4. イベントトリガー、エンドポイントURL、1つ以上のコールバックパラメータなどをフォームに入力します。
  5. [Webhookの保存] をクリックします。

コールバックパラメータ

V2 Webhookとは異なり、これらの手動によるWebhookにはデータを設定する必要があります。このデータは、本文のクエリ文字列として、またはname=Contract.pdf&type=fileのようなクエリパラメータとして送信されます。

開発者モード

デフォルトでは、V1 Webhookは、開発者コンソールの [一般設定] タブにアプリケーションコラボレータとして表示されているユーザーに対してのみ機能します。Webhookをすべてのユーザーに対して有効にするには、サポートにお問い合わせください

Webhookの有効化

Webhookを作成した後、使用を開始するには、アプリケーションをユーザーのアカウントに追加する必要があります。

アプリを追加するためのURLを取得するには、OAuth 2.0認証アプリで以下の手順に従います。

  1. 開発者コンソールで、アプリケーションの [アプリギャラリー] タブに移動します。
  2. [アプリを送信] をクリックします。心配しないでください。送信プロセスは完了しません。
  3. ページ下部で [プレビュー] をクリックします。
  4. [追加] をクリックします。

その他すべての認証タイプの場合、このURLを取得するには、サポートに問い合わせる必要があります。

これでWebhookは、ユーザーのアカウントで発生する設定済みのイベントに対してトリガーされるようになりました。