制限

制限

Webhookは1項目につき1つ

Webhookは、1人の認証済みユーザーの1つのアプリケーションで、1つの項目 (ファイルまたはフォルダ) につき1つだけという制限があります。

ある項目にWebhookを1つ追加した後は、たとえ別のトリガーイベントに応答するWebhookであっても、2つ目を追加することはできません。

たとえば、CleanupAppというアプリケーションに関するJunkというフォルダ内のFILE.UPLOADEDイベントを監視するように、John DoeによってWebhookが1つ設定されているとします。その時点で、FILE.DOWNLOADEDイベントに対してされるものであっても、John DoeによってCleanupAppJunkフォルダに2つ目のWebhookを追加することはできません。

別のイベントをリッスンするには、既存のWebhookを更新するか、新しいアプリケーションを作成します。

1つのアプリケーション、1人のユーザーあたり1000個のWebhook

1つのアプリケーション、1人のユーザーあたりのWebhookの数は1,000個までという制限があります。

1人のユーザーにさらにWebhookを作成するには、別のアプリケーションを作成するか、フォルダツリーでより上位に適用するよう既存のWebhookを更新します。

通知URLに関する制約事項

Webhookの通知URL (address) は、有効なIPアドレスに解決される有効なHTTPS URLでなくてはなりません。さらに、Boxでは自己署名SSL証明書がサポートされていないため、信頼できる認証局によって署名された証明書が必要になります。

サーバーのIPアドレスは、インターネットからパブリックにアクセスできる必要があり、(*.)box.comアドレスにすることはできません。URLで使用されるポートは、標準HTTPSポート (443) でなければなりません。通知は他のポートには配信されません。

ルートフォルダにはWebhookを追加できない

V2 Webhookをルートフォルダ (IDが0のフォルダ) に作成することはできません。代わりにV1 Webhookを使用する必要があります。

項目の権限が原因でアクションを実行できない場合、試行されたアクションについての通知は送信されません。