変更ログ
  • すべて
  • 新機能
  • 影響度の高い変更
  • API
  • Java
  • Windows
  • Python
  • Node
  • CLI
  • iOS
  • UI Element
未読

Box CLI v3.1.0のリリース

新機能 CLI GitHub

Box CLI v3.1.0のリリース

新機能と機能強化

  • 検索に、すべての結果を返す--allフラグを追加 (#336) (23ea0a5)
  • OAuth2ログインに一意のstateパラメータを追加 (#292) (5ce6a40)
  • ベースURLの変更を許可 (#303) (e284059)
  • コマンドラインからoauth承認を取得 (#299) (18c88bb)
  • MacOSとWindowsにネイティブの資格情報ストレージを使用 (#295) (74c4922)

バグ修正

  • users:transfer-contentでquietフラグを考慮 (#288) (1d0bbab)
  • copy-instance-on-item-copyフラグを正しく渡す (#285) (cd4fbf4)
  • webhookトリガーの更新を修正 (#297) (09e94c3)
  • json.stringifyの置き換えにより、jsonフラグ使用時の大量の出力をサポート (#328) (1204f2c)
  • Boxの検索でlimitフラグをサポート (#323) (0009a77)、#322をクローズ
  • 複数のリダイレクトURIでのOAuthをサポート (#302) (9fe216e)
未読

Box Windows SDK v4.4.0のリリース

新機能 SDK Windows GitHub

Box Windows SDK v4.4.0のリリース

新機能と機能強化:

  • SharedLinkcan_editフィードを追加 (#831) (e0d4197)
  • BoxFileVersionversion_numberを追加 (#820) (f174358)
  • アバターAPIにアップロードと削除のサポートを追加 (#829) (4dcb84a)

バグ修正:

  • BoxAPIExceptionオブジェクトの初期化を修正 (#828) (a298f01)
  • 例外のレスポンスを適切に破棄 (#819) (8415bd3)

https://www.nuget.org/packages/Box.V2/4.4.0

https://www.nuget.org/packages/Box.V2.Core/4.4.0

未読

Box Java SDK v3.2.1のリリース

SDK Java GitHub

Box Java SDK v3.2.1のリリース

バグ修正

  • OAuthで認証するための適切なURLを取得するよう修正 (#1059) (42876b4)、#1057をクローズ
未読

Box Java SDK v3.2.0のリリース

新機能 SDK Java GitHub

Box Java SDK v3.2.0のリリース

新機能と機能強化

未読

新しいBox App Center (旧アプリギャラリー)

新機能 影響度の高い変更 API

新しいBox App Center (旧アプリギャラリー)

全体的に更新されたBox App Centerが利用可能になりました。既存の1,500以上の統合をご利用いただけます。

更新内容

Box App Centerは、アプリと統合の最新のリストを提供し、Boxウェブアプリからアクセスできます。

エンドユーザーの場合、Box App Centerを使用すると、Microsoft、Zoom、Salesforce、Slackなどのパートナーからすぐに使用できる統合が包括的に選択されているため、思いどおりの作業が簡単にできます。

ITリーダーや管理者は、Box App Centerでセキュリティやユーザーエクスペリエンスを低下させることなく、ユーザーに選択肢を提供できます。また、企業が承認したオプションのリストを提供することで、シャドーITを排除することができます。

Box App Centerは主要なBoxパッケージの一部となり、すべてのお客様にご利用いただけるようになりました。

開発者向けリソース

Box App Centerでのアプリケーションの作成、またはBoxパートナーへの参加をご希望の場合、詳細についてはBox Partner Resourcesのガイド (英語) を参照してください。

サポート情報

問題がある場合やさらにガイドが必要な場合は、必要なサポートについて、Boxの開発者向けフォーラムに英語でリクエストを投稿してください。

未読

OAuth 2.0のリダイレクトURLの厳密なチェックの有効化

新機能 影響度の高い変更 API

OAuth 2.0のリダイレクトURLの厳密なチェックの有効化

すべてのOAuth 2.0アプリケーションに対する厳密なチェックが有効になりました。

2021年11月29日に、OAuth 2.0を使用する新しいアプリケーションでは、開発者コンソールの [構成] タブで設定されたURIが、リダイレクトに使用されるURIと厳密に一致することが必要になると発表しました。

この変更は現在完了済みです。この標準に準拠していないアプリケーションを使用していた企業には、アプリケーションの更新方法を説明したメールが過去数か月の間に4件送信されています。

リダイレクトエラーの解決方法

メールを受信していないか、見逃していた場合は、問題を軽減する以下の手順を確認してください。

  1. Box開発者コンソールの [構成] タブで、対象のアプリケーションのリダイレクトURLを変更します。静的URLの場合は、開発者コンソールを更新して複数のURLを追加します。動的URLの場合は、静的URLを使用するか、stateパラメータを使用するようにアプリケーションを更新します。
  2. アプリケーションコードで使用されているリダイレクトURLを変更して、開発者コンソールのURLと厳密に一致させます。

1の場合は、以下の手順に従ってください。

  • アプリケーション所有者としてBoxにログインし、Box開発者コンソールに移動します。
  • アプリケーションをクリックし、[構成] タブに移動します。
  • [OAuth 2.0リダイレクトURI] セクションまで下にスクロールします。
  • 現在表示されているURLを更新します。

2の場合は、アプリケーションコードを変更し、影響を受ける使用されているURLを、開発者コンソールのURLと厳密に一致するよう置き換えてください。

更新内容

  • リダイレクトURIは、渡されたURIと、OAuth 2.0アプリケーションの構成で設定されたURIを一致させるように厳密なチェックを強制するようになりました

サポート情報

本件に関するご質問は、開発者向けフォーラムに英語でリクエストを投稿していただくか、販売店から指定されたサポート窓口にお問い合わせください。

未読

ユーザーアバターを管理するための新しいエンドポイント

新機能 影響度の高い変更 API

ユーザーアバターを管理するための新しいエンドポイント

本日より、ユーザーアバターAPIでユーザーアバターの追加、更新、削除がサポートされるようになりました。

ユーザーアバターを作成または更新するには、アップロードするファイルへのパスを含めてPOST /users-id-avatarエンドポイントを呼び出します。すでにアバターが存在する場合は、新しくアップロードされた写真に置き換えられます。

curl -i -X POST -L https://api.box.net/2.0/users/userID/avatar 
    -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' 
    --form 'pic=@"path/to/file/file.jpeg"'

レスポンスには、ファイルの場所へのURLを示すuser avatarオブジェクトが含まれます。

ユーザーアバターを削除するには、DELETE /users-id-avatarエンドポイントを呼び出します:

curl -i -X DELETE -L https://api.box.net/2.0/users/userID/avatar 
    -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>'

サポート情報

問題がある場合やさらにガイドが必要な場合は、必要なサポートについて、Boxの開発者向けフォーラムに英語でリクエストを投稿してください。

未読

Box UI Elements v15.0.0のリリース

新機能 影響度の高い変更 UI Element GitHub

Box UI Elements v15.0.0のリリース

15.0.0 (2022-05-16)

バグ修正と機能

このリリースではいくつかのバグを修正し、新機能を追加しました。すべての変更点のリストについては、リリースノートを参照してください

未読

署名リクエストへの新しいフィールドの追加

新機能 影響度の高い変更 API

署名リクエストへの新しいフィールドの追加

Box Signのリクエストのレスポンスオブジェクトに、新しいフィールドcontent_typeが含まれるようになりました。このフィールドは、署名者の入力用に選択されたinputtypeに想定されるコンテンツタイプを識別します。

更新内容

サポート情報

問題がある場合やさらにガイドが必要な場合は、Boxの開発者向けフォーラムに英語でリクエストを投稿してください。

未読

Eventの仕様への新しいフィールドの追加

新機能 影響度の高い変更 API

Eventの仕様への新しいフィールドの追加

Eventリソースの仕様に、次の新しいフィールドが含まれるようになりました。

  • created_at: イベントの作成日時を指定
  • recorded_at: データベースへのイベントの登録日時の指定

更新内容

  • [Event][event]リソースの仕様2に新しいフィールドcreated_atrecorded_atを追加しました。

サポート情報

問題がある場合やさらにガイドが必要な場合は、必要なサポートについて、Boxの開発者向けフォーラムに英語でリクエストを投稿してください。