{{ search.query }}」の検索結果

「{{search.query}}」に一致する項目は見つかりませんでした。 
すべての結果の表示

Box Platformで構築

Boxの機能でアプリを統合、拡張、構築

開発者向けクラウドコンテンツ管理API

Boxは、世界中の何千もの企業から、ビジネスコンテンツをセキュアに保存および管理できるプラットフォームとして信頼されている、クラウドベースのエンタープライズコンテンツ管理プラットフォームです。 BoxのAPIを使用して、開発者はBoxに保存されたファイルを管理および操作でき、Boxをアプリケーションのコンテンツ管理レイヤとして使用することも可能です。

カスタムアプリケーションの構築

Box Platform APIを使用すると、Boxと同じテクノロジによるセキュアなコンテンツ管理およびコラボレーション機能をアプリケーションに実装できます。

カスタム統合を構築

Box Platform APIを使用してアプリケーションとBoxを接続し、貴社専用のBoxでコンテンツのアップロード、アクセス、管理を行います。

パートナー統合を構築

Box Platform APIを使用してアプリケーションとBoxを接続し、何百万ものユーザーが使用できるよう、Boxアプリギャラリに公開します。

開発者向けに構築

Boxは、複雑なプロセスを取り込み、それらをわずか数行のコードで抽象化することにより、開発者によるコンテンツ管理の問題の克服を支援します。そのすべてが、業界トップクラスのセキュリティおよびコンプライアンスプロファイルによってサポートされています。

コンテンツを管理

// アップロード値を設定する
const filePath = ‘アップロードするローカルファイルへのパス';
const fileName = ‘アップロードするファイルの名前';
const folderId = ‘アップロード先のフォルダID';

// ファイルのアップロードストリームを作成する
const stream = fs.createReadStream(filePath);

// ファイルをアップロードする
client.files.uploadFile(
  folderId, 
  fileName, 
  stream, 
  callback);

function callback(err, res) {
  // エラーケースと応答の処理
}
// アップロード値を設定する
String filePath = "アップロードするローカルファイルへのパス";
String fileName = "アップロードするファイルの名前";
String folderId = "アップロード先のフォルダID";

// Boxフォルダを選択する
BoxFolder folder = new BoxFolder(api, folderId);

// ファイルをアップロードする
FileInputStream stream = new FileInputStream(filePath);
BoxFile.Info newFileInfo = folder.uploadFile(stream, fileName);
stream.close();
// アップロード値を設定する
var filePath = ‘アップロードするローカルファイルへのパス';
var fileName = ‘アップロードするファイルの名前';
var folderId = ‘アップロード先のフォルダID';

// ファイルをアップロードする
BoxFile newFile;
using(FileStream stream = new FileStream(filePath, FileMode.Open))
{
  BoxFileRequest req = new BoxFileRequest()
  {
    Name = fileName,
    Parent = new BoxRequestEntity(){ Id = folderId }
  };

  newFile = await client.FilesManager.UploadAsync(req, stream);
  Console.Out.Write(newFile.Id);
}
# アップロード値を設定する
file_path = ‘アップロードするローカルファイルへのパス'
file_name = ‘アップロードするファイルの名前'
folder_id = 'アップロード先のフォルダID'

box_file = client.folder(folder_id).upload(file_path, file_name)
# アップロード値を設定する
filepath = ‘アップロードするローカルファイルへのパス'
filename = 'アップロードするファイルの名前'

# Boxフォルダを選択する
folder = client.folder_from_path('/')

# ファイルをアップロードする
file = client.upload_file(filepath, folder, name: filename)

ユーザーエクスペリエンスを構築

var ACCESS_TOKEN = 'EqFyi1Yq1tD9mxY8F38sxDfp73pFd7FP';

var FILE_ID = '93392244621';
var FILE_ID_VIDEO = '101504801571';
var FILE_ID_3D = '101532838591';
var FILE_ID_TEXT = '101524518971';

var preview = new Box.Preview();
preview.show(FILE_ID, ACCESS_TOKEN, {
  container: '.preview-container',
  showDownload: true,
  collection: [FILE_ID, FILE_ID_VIDEO, FILE_ID_3D, FILE_ID_TEXT]
});
BOXFile *file = ...// Content SDKまたはBrowse SDKで取得したBOXFile。 サンプルアプリケーションの例を参照してください。
            BOXFilePreviewController *filePreviewController = [[BOXFilePreviewController alloc] initWithContentClient:[BOXContentClient defaultClient] file:file];
            [self.navigationController pushViewController:filePreviewController animated:YES completion:nil];
BoxPreviewActivity.IntentBuilder builder = BoxPreviewActivity.createIntentBuilder(this, boxSession, boxFile);

あらゆる会社に最適

あらゆる規模のビジネスにおける数千人もの開発者が、統合とカスタムアプリケーションの構築にBox Platformを使用しています。

主な特長

安全な暗号化クラウドストレージ

世界中で数千社の信頼を得ているBoxのセキュアなクラウドプラットフォームで、コンテンツのアップロード、アクセス、管理を行います。 すべてのファイルは、転送時および保存時に暗号化されます。

対話型ファイルビューアー

JavaScriptライブラリを使用して、ドキュメント、表現、スプレッドシート、画像、ビデオ、3Dモデル、DICOM、その他多くのファイルタイプを対話型ビューアーに表示します。

キーワード検索

キーワードベースのクエリを使用してファイル名、フォルダ名、ファイル詳細、ファイル内のテキストを検索し、Box内のファイルを見つけます。

ファイルおよびフォルダのメタデータ

Boxに保存されているファイルとフォルダオブジェクトのカスタマイズおよび構造化されたキー値のペアを使用して、Box内のファイルにコンテキストを追加します。

コンプライアンス

Configure Box to help meet regulatory compliance obligations. Box supports HIPAA, FedRAMP Level 4, FINRA, PCI, AICPA SOC1 & SOC2, EU-US Privacy Shield, ISO 27018, ITAR, and more.

包括的なイベントログ

70種類以上のファイル、ユーザー、およびエンタープライズアクティビティの完全なログにアクセスできます。

開発を始めて見ませんか?