変更ログ(2018)

Box Platform変更ログ変更ログ(2018)

変更ログ(2018)

最新のリリースノートについては、変更ログを参照してください。

2018年12月21日/Box CLI V2のリリース

Box CLIのメジャーバージョン(V2)がリリースされました。更新された情報については、以下のリンクを参照してください。

2018年12月12日/コラボレーションに未登録ユーザーを表示

ファイルまたはフォルダのコラボレータとして未登録ユーザーが追加されている場合のために、コラボレーション戻りオブジェクトにフィールドinvite_emailが追加されました。現在返されるaccessible_byオブジェクトでは未登録ユーザーの結果としてnullが表示されることから、この変更が加えられました。新しいフィールドには、ユーザーの招待に使用されたメールアドレスが表示されます。

この変更は以下のエンドポイントに影響します。

これまで、未登録ユーザーを含むコラボレーションオブジェクトは以下のように表示されていました。

{
  "type": "collaboration",
  "id": "376164239",
  .....
  "accessible_by":  null
  .....
}

今回の更新により、返されるオブジェクトは以下のように表示されます。

{
  "type": "collaboration",
  "id": "376164239",
  ......
  "accessible_by":  null
  "invite_email": "sadfasdf@box.com",
  },
  ......
}

2018年12月5日/エンタープライズイベントAPIにスーパーバイザー向けのcreated_byを追加

Box管理者などのスーパーバイザーまたは内部管理者ユーザーがアクションを実行する場合のエンタープライズイベント APIエンドポイントの応答オブジェクトに小さな変更が加えられました。

この更新の前は、スーパーバイザーまたは内部管理ユーザーのユーザー情報が応答オブジェクトのcreated_byフィールドに表示されていました。今回の更新により、そのユーザーがスーパーバイザーまたは内部管理者である場合、応答に一般的なユーザー情報が表示されるようになりました。

これまで、応答のcreated_byフィールドは以下のように表示されていました。

"created_by": {
  "type": "user",
  "id": "2030401181",
  "name": "sshah+iadev",
  "login": "admin_sshah"
}

今回の更新により、同じ応答が以下のように表示されます。

"created_by": {
  "type": "user",
  "id": "box_support",
  "name": "Box Support",
  "login": "support@box.com"
}

2018年10月19日/Python SDK V2のリリース

Box Python SDKのメジャーアップデート(バージョン2.0)がリリースされ、重要な更新とAPI機能パリティが加えられました。完全なAPIリリースノートについてはこちらを参照してください。今回のリリースとともに、以下のドキュメントの変更が行われました。

2018年9月27日/新しいBox Open With UI Element

新しいBox UI Elementのオープンベータ版である「Open With」要素がリリースされました。「Open With」を使用すると、開発者は、Boxに保存されたコンテンツを開くためのメニューをパートナーアプリケーションに埋め込むことができます。このベータリリースで利用可能なパートナーは、Adobe SignおよびG Suiteです。

この新しい要素のドキュメントと設定手順は、こちらから入手できます。

2018年9月5日/Excelファイルのプレビューで注釈が利用可能に

現在、注釈が有効になっていても、Box UI Content Preview Elementまたは有効期限付き埋め込みリンクによる注釈機能がプレビューのExcelファイル内に表示されません(showAnnotations=true)。

2018年9月13日以降、ユーザーは他のファイルタイプ(PDF、doc、PPT)と同様に、Excelファイルに注釈を付けることができます。3つの注釈タイプ(ハイライト、ポイント、描画)のすべてがサポートされます。showAnnotationstrueに設定されている場合、Excelファイルの注釈が表示されます。

2018年08月21日/フォルダを更新エンドポイントおよびフォルダ情報の取得エンドポイントに新しいフィールドを追加

フォルダを更新APIエンドポイントis_collaboration_restricted_to_enterpriseに、2つのメジャーリリースが追加されました。これは、将来のコラボレーションを会社内のみに制限するかどうかを設定するために作成されるブール値です。既存のコラボレーションには影響しません。このフィールドの値は、フォルダ情報の取得エンドポイントを呼び出したときにも表示されます。

2018年8月21日/エンタープライズイベントに新しいaction_byを追加

ユーザーアカウントで実行された管理者アクションをより適切に記録するために、エンタープライズイベントの応答データにaction_byミニユーザーオブジェクトが追加されました。このフィールドには、該当する場合に、ユーザーアクションを実行した管理者アカウントが表示されます。

会社の管理者の場合、これにはアカウントのID、ログイン、および名前が含まれます。Boxの内部管理者が実行したアクションの場合、これは以下のようになります。

  • id: box_support
  • login: support@box.com
  • name: Box Support

追加のオブジェクトは、会社のイベントオブジェクト属性内に記録されます。

2018年08月17日/Box user_idフィールドのサイズを変更

すべてのプラットフォームユーザー(管理対象ユーザー、外部管理ユーザー、アプリユーザー)の追跡に使用されるuser_idフィールドは、まもなく現在の32ビット整数ではなく、64ビット整数の生成を開始するよう更新されます。

この更新は内部システムに影響するため、APIから生成されたuser_id文字列を32ビット整数フィールドに変換している場合には、新しい64ビットuser_idの整数サイズをサポートするよう更新する必要があります。APIドキュメントに従って、すべてのuser_idフィールドを文字列として保存することをお勧めします。

2018年8月16日/Salesforce SDKに汎用メソッドを追加

Box for Salesforce Developer Toolkitは、パラメータとしてHttpRequestオブジェクトを受け取り、HttpResponseオブジェクトを返すグローバルメソッドsendRequestを提供するようになりました。このメソッドは、サービスアカウントの認証の詳細を使用してBoxのAPIを呼び出すため、統合のビジネスロジックの組み込みに集中することができます。追加されたメソッドの詳細については、Salesforce Developer ToolkitドキュメントのBoxメタデータサイドバーのメソッドの詳細およびサンプルコードを参照してください。

2018年7年31日/Relay Workflow APIの拡張

BoxとIBMで共同開発されたワークフローツールBox Relayの機能が、新しいWorkflow APIによって拡張されました。Relay Workflow APIを使用すると、Box Relayワークフローを起動し、アプリケーション内からそれらのワークフローのステータスを取得できます。また、Box Relayのインスタンスに直接ファイルで公開されているワークフローテンプレートを表示することもできます。APIの詳細については、Boxのお知らせに関するブログ記事を参照してください。

2018年7月11日/プラットフォームアクティビティ履歴のCSVレポート

ウェブサイトで新しいレポートが作成されました。Box管理コンソールで、会社のプラットフォームリソースの過去の使用状況を表示するドキュメントを利用できます。このレポートには、2017年1月1日から2018年3月31日までのアプリケーションごとの月別の会社の月間アクティブユーザー、API呼び出し、および帯域幅消費が示されています。詳細については、こちらを参照してください。

2018年6月25日/Box CLIの更新

Box CLIへの更新がリリースされました。このバージョンには以下の更新が含まれます。

2018年4月18日/プラットフォームアクティビティのCSVレポート

Box管理コンソールで会社のプラットフォームリソースの使用状況を表示するレポートを利用できるようになりました。このレポートの最初のバージョンでは、実効日である2018年4月1日までの、Boxの既存のContent APIに対するAPI呼び出しの総数への統合が表示されます。このレポートの今後の反復では、サービスごとの追加のリソース消費(月間アクティブユーザー、帯域幅、ストレージ)が表示され、履歴データも含められます。詳細については、Boxコミュニティの記事「レポートの実行」を参照してください。

2018年4月11日/メタデータ駆動のリテンションポリシー

リテンションポリシーオブジェクトAPIエクスプローラ要素に、メタデータ駆動のリテンションポリシーをサポートする新しい機能が導入されました。この機能では、カスタムメタデータに基づいてリテンションポリシーを個々のファイルに適用できます。これにより、グローバルレベルおよびフォルダレベルに加えて、起動ファイルレベルでもリテンションポリシーを設定できます。これらの新しい拡張されたBox Governance機能は、Box管理コンソールを介してBox管理者に提供され、さらにリテンションポリシーおよびリテンションの割り当てAPI、BoxのJava、Node、および.NET SDKでも使用できるようになります。

2018年3月29日/メタデータテンプレートにmultiSelectフィールドタイプを追加

メタデータテンプレートmultiSelectと呼ばれる新しい属性タイプが導入されました。これは複数選択に変換されます。この新しい属性タイプにより、Adobe Sign、G Suite、またはフォルダでファイルコンテンツのテンプレートインスタンスを作成する際、チェックボックススタイルの値の複数選択が可能になります。

このフィールドの追加によりメタデータオブジェクト(テンプレートインスタンス)が変更されます。これは、有効化されているmultiSelectオプションが文字列値の配列を使用して表され、配列内の各文字列がmultiSelectオプションのキーに対応しているためです。

2018年3月28日/Boxの注釈を更新

2018年3月5日に発表された注釈の更新が再び有効になりました。

2018年3月13日/Boxの注釈を更新

一部のユーザーからパフォーマンスの問題が報告されたため、重要なビジネスアプリケーションへの影響を防ぐために更新プログラムがロールバックされました。描画注釈およびポイント注釈モード機能は現在無効化されています。パフォーマンスの修正の予定やこれらの機能が再び有効になる時期は未定です。ご不便をおかけして申し訳ございません。

描画注釈機能を無効化される前に使用していたユーザーは、Edit. Documentation機能が再び有効化された時点で、作成した注釈にアクセスできるようになります。それまでの間、作成した注釈はアプリケーションデータストアに保存されますが、ビューアーには表示されません。

2018年3月5日/Boxの注釈を更新

顧客がカスタムアプリケーションで使用するBox APIを介して使用できる注釈機能に、2つの拡張機能が加えられました。更新内容は以下のとおりです。

  • ポイント注釈モード: ポイント注釈モードの導入により、ポイント注釈が強化されました。これにより、それぞれの注釈の後にポイント注釈アイコンを再選択しなくても、ドキュメントに注釈を追加できます。こちらを参照してください。
  • 有効期限付き埋め込みリンクによる描画注釈: 2017年11月に描画注釈機能が追加されました。これにより、エンドユーザーがタッチ対応デバイスでタッチまたはスタイラスを使用して自由形式で描画できるようになりました。正式リリース版の注釈描画機能は、期限付き埋め込みリンクによって提供されます。Get Embed Link APIを経由して注釈を使用するユーザーは、Boxプレビューでまったく新しい表現方法を使用できるようになりました。

2018年2月28日/Metadata APIへの重大な変更

2018年3月29日に、Metadata APIエンドポイントの応答本文に新しいデータ型(文字列の配列)が導入されます。この変更は、BoxのメタデータテンプレートにmultiSelectという新しいフィールドタイプを追加するために行われます。この新しいフィールドタイプは、ファイルまたはフォルダにテンプレートインスタンスを作成する際の、複数の値を選択するためのチェックボックスタイプを表します。このフィールドタイプでは、選択されたオプションが文字列の配列に格納されます。この配列内の各文字列が、選択されたmultiSelectオプションのキーに対応します。

以下にメタデータテンプレートのJSON応答本文の例を示します。キーaudience1の値は、この変更で導入される新しいデータ型(文字列の配列)の例を示しています。

{
  "audience1": ["internal", "internalEng"],
  "documentType": "Q1 plans",
  "competitiveDocument": "no",
  "status": "active",
  "author": "Jones",
  "currentState": "proposal",
  "$type": "marketingCollateral-d086c908-2498-4d3e-8a1f-01e82bfc2abe",
  "$parent": "file_5010739061",
  "$id": "2094c584-68e1-475c-a581-534a4609594e",
  "$version": 0,
  "$typeVersion": 0,
  "$template": "marketingCollateral",
  "$scope": "enterprise_12345"
}