ファイルから分類を削除

delete
https://api.box.com/2.0
/files/:file_id/metadata/enterprise/securityClassification-6VMVochwUWo/

ファイルからすべての分類を削除します。

このAPIは、/files/:id//enterprise_12345/securityClassification-6VMVochwUWoのように、URLにエンタープライズIDを明示的に含めることで呼び出すこともできます。

リクエスト

Bearer [ACCESS_TOKEN]
application/json

パスパラメータ

stringパス内必須
12345

ファイルを表す一意の識別子。

ファイルIDを確認するには、ウェブアプリケーションでファイルにアクセスして、URLからIDをコピーします。たとえば、URLがhttps://*.app.box.com/files/123の場合、file_id123です。

レスポンス

none

分類が正常に削除された場合は空の応答を返します。

リクエストパラメータが無効な場合に返されます。

ファイルに分類が適用されていない場合、またはユーザーがファイルにアクセスできない場合はエラーを返します。

  • instance_not_found - 分類メタデータテンプレートのインスタンスがこのファイルに見つからなかった場合に返されます。
  • not_found - ファイルが見つからなかったか、ユーザーがファイルにアクセスできない場合に返されます。

メソッドが許可されなかった場合に返されます。

予期しないクライアントエラー。

delete
ファイルから分類を削除
このドキュメント内で一部のAPIを試せるようになりました。
ログイン

リクエストの例

cURL
curl -i -X DELETE "https://api.box.com/2.0/files/12345/metadata/enterprise/securityClassification-6VMVochwUWo" \
     -H "Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>"
Java
BoxFile file = new BoxFile(api, "id");
file.deleteMetadata(Metadata.CLASSIFICATION_TEMPLATE_KEY);
Python
client.file(file_id='11111').metadata(scope='securityClassification-6VMVochwUWo', template='myMetadata').delete()
Node
client.files.deleteMetadata('11111', 'enterprise', 'securityClassification-6VMVochwUWo')
	.then(() => {
		// removal succeeded — no value returned
	});;