フォルダの分類を取得

get
https://api.box.com/2.0
/folders/:folder_id/metadata/enterprise/securityClassification-6VMVochwUWo/

フォルダに適用されている分類メタデータインスタンスを取得します。

このAPIは、/folders/:id//enterprise_12345/securityClassification-6VMVochwUWoのように、URLにエンタープライズIDを明示的に含めることで呼び出すこともできます。

リクエスト

Bearer [ACCESS_TOKEN]
application/json

パスパラメータ

stringパス内必須
12345

フォルダを表す一意の識別子。

フォルダIDを確認するには、ウェブアプリケーションでこのフォルダにアクセスして、URLからIDをコピーします。たとえば、URLがhttps://*.app.box.com/folder/123の場合、folder_id123です。

Boxアカウントのルートフォルダは常にID 0で表されます。

レスポンス

application/json分類

securityClassificationメタデータテンプレートのインスタンスを返します。これには、この会社が使用できるすべての分類のリストを取得するBox__Security__Classification__Keyフィールドが含まれています。

リクエストパラメータが無効な場合に返されます。

指定したメタデータテンプレートがこのフォルダに適用されていない場合、またはユーザーがこのフォルダにアクセスできない場合に返されます。

  • instance_not_found - メタデータテンプレートがフォルダに適用されていなかった場合に返されます。

メソッドが許可されなかった場合に返されます。

予期しないクライアントエラー。

get
フォルダの分類を取得
このドキュメント内で一部のAPIを試せるようになりました。
ログイン

リクエストの例

cURL
curl -i -X GET "https://api.box.com/2.0/folders/12345/metadata/enterprise/securityClassification-6VMVochwUWo" \
     -H "Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>"
Java
BoxFolder folder = new BoxFolder(api, "id");
Metadata metadata = folder.getMetadata(Metadata.CLASSIFICATION_TEMPLATE_KEY);
Python
metadata = client.folder(folder_id='11111').metadata(scope='enterprise', template='securityClassification-6VMVochwUWo').get()
Node
client.folders.getMetadata('11111', 'enterprise', 'securityClassification-6VMVochwUWo')
	.then(metadata => {
		// the metadata instance, which includes the applied metadata
	});

レスポンスの例

{
  "$canEdit": true,
  "$parent": "folder_59449484661,",
  "$scope": "enterprise_27335",
  "$template": "securityClassification-6VMVochwUWo",
  "$type": "securityClassification-6VMVochwUWo-fd31537a-0f95-4d86-9f2b-5974a29978f8",
  "$typeVersion": 5,
  "$version": 1,
  "Box__Security__Classification__Key": "Sensitive"
}