ドメインへのコラボレーションの許可

ドメインへのコラボレーションの許可

一般にコラボレーションの作成を制限している会社は、社内に作成されている可能性のあるコラボレーションのリストにexample.comなどのドメインを追加できます。

cURL
curl -i -X POST "https://api.box.com/2.0/collaboration_whitelist_entries" \
     -H "Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>" \
     -H "Content-Type: application/json" \
     -d '{
       "domain": "example.com",
       "direction": "inboud"
     }'

このエンドポイントには、コラボレーションを許可するdomainと、以下のように設定できるdirectionが必要です。

  • inbound: 外部ユーザーが社内のコンテンツでコラボレーションできるかどうか。
  • outbound: 社内の管理対象ユーザーが外部の会社内で所有されているコンテンツでコラボレーションできるかどうか。
  • both: 上記の両方。

新しく許可されたドメインを設定する場合はbothパラメータを指定します。

cURL
curl -i -X POST "https://api.box.com/2.0/collaboration_whitelist_entries" \
     -H "Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>" \
     -H "Content-Type: application/json" \
     -d '{
       "domain": "example.com",
       "direction": "inboud"
     }'