日本時間5月16日のContent Cloud Summitで、カスタムアプリにBox AI APIを活用する方法を紹介します。

詳細を表示

ごみ箱の検索

ガイド 検索 ごみ箱の検索

ごみ箱の検索

検索結果では、デフォルトで、ユーザーのごみ箱内のコンテンツは無視されます。ユーザーのごみ箱を検索するには、trash_contentクエリパラメータをtrashed_onlyに設定します。

cURL
curl -i -X GET "https://api.box.com/2.0/search?query=sales&trash_content=trashed_only" \
    -H "Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>"

Java
long offsetValue = 0;
long limitValue = 10;

BoxSearch boxSearch = new BoxSearch(api);
BoxSearchParameters searchParams = new BoxSearchParameters();
searchParams.setQuery("sales");
searchParams.setTrashContent("trashed_only");

PartialCollection<BoxItem.Info> searchResults = boxSearch.searchRange(offsetValue, limitValue, searchParams);

.NET
BoxCollection<BoxItem> results = await client.SearchManager
    .QueryAsync("sales", mdFilters: filters, trashContent: "trashed_only");

Python
client.search().query("sales", metadata_filters=metadata_search_filters, trash_content="trashed_only")

Node
client.search.query(
    'sales',
    {
        trash_content: "trashed_only"
    })
    .then(results => {
        // ...
    });

現在、APIでサポートされているのは、ごみ箱にないコンテンツの検索 (non_trashed_only、デフォルト) かユーザーのごみ箱にあるコンテンツの検索 (trashed_only) のみです。現時点では、その両方の場所にある項目を同時に検索することはできません。