ファイルの電子すかしを取得

get
https://api.box.com/2.0
/files/:file_id/watermark/

ファイルの電子すかしを取得します。

リクエスト

Bearer [ACCESS_TOKEN]
application/json

パスパラメータ

stringパス内必須
12345

ファイルを表す一意の識別子。

ファイルIDを確認するには、ウェブアプリケーションでファイルにアクセスして、URLからIDをコピーします。たとえば、URLがhttps://*.app.box.com/files/123の場合、file_id123です。

レスポンス

application/jsonWatermark

このファイルに関連付けられている電子すかしに関する情報を含むオブジェクトを返します。

ファイルに電子すかしが適用されていない場合は、エラーを返します。

予期しないクライアントエラー。

get
ファイルの電子すかしを取得
このドキュメント内で一部のAPIを試せるようになりました。
ログイン

リクエストの例

cURL
curl -X GET https://api.box.com/2.0/files/12345/watermark \
     -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>'
.NET
BoxWatermark watermark = await client.FilesManager.GetWatermarkAsync("11111");
Java
BoxFile file = new BoxFile(api, id);
BoxWatermark watermark = file.getWatermark();
Python
watermark = client.file(file_id='12345').get_watermark()
print('Watermark created at {0} and modified at {1}'.format(watermark.created_at, watermark.modified_at))
Node
client.files.getWatermark('11111')
	.then(watermark => {
		/* watermark -> {
			watermark: 
			{ created_at: '2016-10-31T15:33:33-07:00',
				modified_at: '2016-10-31T15:33:33-07:00' } }
		*/
	});

レスポンスの例

{
  "watermark": {
    "created_at": "2012-12-12T10:53:43-08:00",
    "modified_at": "2012-12-12T10:53:43-08:00"
  }
}