Shield情報バリアのセグメント制限

Shield情報バリアオブジェクトのセグメント制限のStandard版の表示

このリソースにはAPIの使用時に発生する可能性があるいくつかのバリエーションがあります。

通常、Standardバリアントに含まれるフィールドは、固有のAPIエンドポイントを介してこのリソースがリクエストされたときに返されます。 たとえば、fieldsパラメータが指定されていない場合、IDでファイルを取得すると、これらのフィールドが返されます。

string
11446498

Shield情報バリアのセグメント制限の一意の識別子。

string
shield_information_barrier_segment_restriction

Shield情報バリアのセグメント制限

次の値に固定: shield_information_barrier_segment_restriction

string / date-time
2020-06-26T18:44:45.869Z

このShield情報バリアのセグメント制限オブジェクトが作成された日時を示すISO日時文字列。

このShield情報バリアのセグメント制限を作成したユーザー。

制限されたShield情報バリアのセグメントのtypeid

1910967

制限されたShield情報バリアのセグメントのID参照。

shield_information_barrier_segment

Shield情報セグメントのタイプ

次の値に固定: shield_information_barrier_segment

Shield情報バリアオブジェクトのBase版の表示

リクエストされたShield情報バリアのセグメントのtypeid

1910967

リクエストしているShield情報バリアのセグメントのID参照。

shield_information_barrier_segment

Shield情報バリアのセグメントのタイプ

次の値に固定: shield_information_barrier_segment

string / date-time
2020-07-26T18:44:45.869Z

このShield情報バリアのセグメント制限が更新された日時を示すISO日時文字列。

このShield情報バリアのセグメント制限を更新したユーザー。

レスポンスの例

{
  "id": 11446498,
  "type": "shield_information_barrier_segment_restriction",
  "created_at": "2020-06-26T18:44:45.869Z",
  "created_by": {
    "id": 11446498,
    "type": "user"
  },
  "restricted_segment": {
    "id": 1910967,
    "type": "shield_information_barrier_segment"
  },
  "shield_information_barrier": {
    "id": 11446498,
    "type": "shield_information_barrier"
  },
  "shield_information_barrier_segment": {
    "id": 1910967,
    "type": "shield_information_barrier_segment"
  },
  "updated_at": "2020-07-26T18:44:45.869Z",
  "updated_by": {
    "id": 11446498,
    "type": "user"
  }
}