ストレージポリシー

ストレージゾーンを示すストレージポリシーオブジェクト。

このリソースにはAPIの使用時に発生する可能性があるいくつかのバリエーションがあります。

通常、標準バリアントに含まれるフィールドは、固有のAPIエンドポイントを介してこのリソースがリクエストされたときに返されます。 たとえば、fieldsパラメータが指定されていない場合、IDでファイルを取得すると、これらのフィールドが返されます。

string
11446498

このストレージポリシーの一意の識別子

string
storage_policy

次の値に固定: storage_policy

string
Montreal / Dublin

地域のわかりやすい名前

レスポンスの例

{
  "id": 11446498,
  "type": "storage_policy",
  "name": "Montreal / Dublin"
}