技術的なユースケース

Box Platform Box Signの使用 技術的なユースケース

技術的なユースケース

アプリケーションでは、多くのソースからのさまざまなドキュメントに署名することになります。このようなドキュメントをBox Signサービスに認識させるためにアプリケーションでどのように処理すればよいのでしょうか。

署名リクエストには、従来の署名 (名前、日付、イニシャルなど) 以外に、複数の要件 (入力データ) を設定することができます。こうした入力データは署名プロパティと呼ばれます。Box Signサービスでは、これらの入力データをドキュメント内のどこに配置し、どのように認識するかを把握しておく必要があります。

最初の手順として、Box Signサービスが署名プロパティを認識するために必要な情報をドキュメントに含めるかどうかを検討します。

含めない場合、ドキュメントは構造化されていないので、署名リクエストを送信する前に準備する必要があります。これはドキュメントの準備と呼ばれ、Box Signサービスによって自動的に作成される追加の手順です。

There are two other types of documents that already have the necessary information for the Box Sign service to recognize the signature properties. The sign templates, managed in the Box application, and the structured documents, which are dynamically generated documents, containing specific tags representing the signature properties.