統合の種類

統合の種類

ウェブアプリ統合には2種類あります。

ポップアップ統合

ポップアップ統合の場合、Boxによってパネルが開き、統合用に構成されたアプリケーションのコールバックURLが読み込まれます。アプリケーションでは、ポップアップに統合のための独自のユーザーインターフェイスが表示されます。

統合は、このリクエストとともに有効期間の短い承認コードを受信します。この承認コードを使用すると、Box APIに接続し、コードをアクセストークンに交換してから、BoxへのAPI呼び出しを実行できます。

ポップアップパネルでは、HTMLの<iframe>タグを使用し、埋め込みコンテンツを表示します。Boxのコンテンツのセキュリティを保護するには、コールバックURLでSSLを使用する必要があります。また、コールバックURLからのレスポンスには、ランダムな文字列値に設定されたX-Frame-Optionsヘッダーを含める必要があります。

サーバー側統合

サーバー側統合の場合、確認プロンプトを受け入れると、ユーザーに追加のUIを表示することなく、アプリケーションの最終コールバックのURLにリクエストが送信されます。

統合は、このリクエストとともに有効期間の短い承認コードを受信します。この承認コードを使用すると、Box APIに接続し、コードをアクセストークンに交換してから、BoxへのAPI呼び出しを実行できます。