権限

権限

以下は、ユーザー、管理者、および共同管理者が利用規約および利用規約ステータスを操作する際に必要な権限のリストです。

利用規約

エンドユーザーは、以下の場合に利用規約の対象であると見なされます。

  • 利用規約が有効になっている会社に属している、またはその会社とコラボレーションしている
  • 利用規約のタイプがユーザーと会社との関係を示している

    • 同じ会社に属するユーザー向けの管理対象の利用規約
    • 会社とコラボレーションしているユーザー向けの外部利用規約

エンドユーザーは以下の場合に利用規約の設定を表示できます。

  • そのユーザーが利用規約の対象となっており、かつ
  • 会社でその利用規約タイプが有効になっている

会社の管理者または共同管理者は、以下の場合に利用規約の設定を表示できます。

  • 会社の設定を表示権限を持っている
  • アプリケーションのEnterpriseのプロパティを管理スコープが有効になっている
  • その利用規約が自分の会社に属している

会社の管理者または共同管理者は、以下の場合に利用規約の設定を編集できます。

  • 会社の設定を編集権限を持っている
  • アプリケーションのEnterpriseのプロパティを管理スコープが有効になっている
  • その利用規約が自分の会社に属している

会社の管理者および共同管理者は、自社の管理対象の利用規約を承認していなくても、外部と管理対象の両方の利用規約設定を表示、作成、編集できます。

利用規約ユーザーステータス

エンドユーザーは以下の場合に利用規約ユーザーステータスを表示および編集できます。

  • ユーザーステータスがそのエンドユーザーに属している
  • 会社でその利用規約タイプが有効になっている
  • そのエンドユーザーが利用規約の対象である

会社の管理者および共同管理者は、以下の場合に他のユーザーに属する利用規約ユーザーステータスを表示できます。

  • ユーザーの管理権限を持っている
  • アプリケーションのユーザーの管理スコープが有効になっている
  • その利用規約が自分の会社に属している
  • 自社の管理対象の利用規約を承認済みである (該当する場合)

会社の管理者および共同管理者は、以下の場合に他のユーザーに属する利用規約ユーザーステータスを編集できます。

  • ユーザーの管理権限を持っている
  • アプリケーションのユーザーの管理スコープが有効になっている
  • そのエンドユーザーが利用規約の対象である
  • そのエンドユーザーが管理者または共同管理者ではない
  • その利用規約が自分の会社に属している
  • 自社の管理対象の利用規約を承認済みである (該当する場合)

エンドユーザーは、自社の管理対象の利用規約を承認するまで、コラボレーションしている会社の外部利用規約の設定を承認、拒否、表示できません (該当する場合)。そのような操作を行おうとすると、TERMS_OF_SERVICE_REQUIREDエラーが発生します。