サービス利用規約

ガイド セキュリティ サービス利用規約

サービス利用規約

Box APIを使用すると、管理者はBoxの使用に関するサービス利用規約を設定できます。また、ユーザーは、カスタムアプリケーションのサービス利用規約に同意および再同意できます。

用語

サービス利用規約

サービス利用規約とは、Boxに保存されている会社企業のデータをすべてのユーザーが使用できる条件を表す、企業レベルの記録文書です。

現在、どの企業にも2種類のサービス利用規約があり、個別に有効にすることが可能です。管理対象ユーザー用サービス利用規約は、企業のユーザーに対して有効にすることができます。一方、*外部ユーザー用サービス利用規約は、プライマリ企業のデータでコラボレーションする他の企業のユーザーに対して有効にすることができます。

サービス利用規約のユーザーステータス

サービス利用規約のユーザーステータスは、特定のユーザーによるサービス利用規約への同意のステータスを表します。サービス利用規約とユーザーをどのように組み合わせた場合でも、サービス利用規約のユーザーステータスは1つだけです。

1つの利用規約に、サービス利用規約のユーザーステータスが複数あります (ユーザー1人につき1つ)。

1人のユーザーに、サービス利用規約のユーザーステータスが複数存在する場合もあります。ユーザーは、自社の管理対象ユーザー用サービス利用規約を承認または拒否できるだけでなく、コラボレーションしているさまざまな企業の複数の外部ユーザー用サービス利用規約も承認または拒否できます。

API

[会社の設定を編集する] 権限を持つBox管理者として認証されているアプリケーションは、APIを介して会社の企業のサービス利用規約を表示、作成、編集できます。

  • GET /terms_of_services/:id: 特定のサービス利用規約の情報を取得します。
  • GET /terms_of_services: 管理対象ユーザーまたは外部ユーザー用に、企業内で使用されているすべてのサービス利用規約のリストを取得します。
  • POST /terms_of_services: 外部ユーザーまたは管理対象ユーザー用にサービス利用規約の設定を作成します。
  • PUT /terms_of_services/:id: 特定のサービス利用規約の設定を更新します。

さらに、アプリケーションは、APIを介して通常のユーザーのサービス利用規約を表示し承認することができます。

スコープ

説明されているアクションを実行するには、アプリケーションに以下のスコープを許可する必要があります。

  • [Enterpriseのプロパティを管理する]: 企業のサービス利用規約の設定を有効化または編集するためと、外部ユーザーに利用規約の設定を表示するために必要です。
  • ユーザーを管理: 他のユーザーのサービス利用規約を承認するために必要です。