管理対象ユーザーの作成

ガイド ユーザー 管理対象ユーザーの作成

管理対象ユーザーの作成

新しい管理対象ユーザーを生成するには、最低でも管理対象ユーザーの名前とメールアドレスが必要になります。

管理対象ユーザーの作成時に指定するメールアドレスは一意である必要があります。既存のBoxユーザーにすでに関連付けられているメールアドレスは使用できません。

cURL
curl -i -X POST "https://api.box.com/2.0/users" \
     -H "Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>" \
     -H "Content-Type: application/json" \
     -d '{
       "login": "ceo@example.com",
       "name": "Aaron Levie"
     }'
.NET
var userParams = new BoxUserRequest()
{
    Name = "Example User",
    Login = "user@example.com"
};
BoxUser newUser = await client.UsersManager.CreateEnterpriseUserAsync(userParams);

App Userの作成時に設定できるすべての使用可能なオプションパラメータを確認するには、ユーザーエンドポイントの作成を参照してください。

ユーザー作成リクエストから、ユーザーオブジェクトが返されます。このユーザーオブジェクトには管理対象ユーザーのIDが含まれています。これは、今後ユーザーを変更するAPIリクエストを実行するために使用できます。

新しい管理対象ユーザーが作成されると、使用されているメールアドレス宛てに、アカウントのパスワードの作成を求めるメールがBoxから届きます。このアクションが実行されるまで、アカウントはpending状態になります。

セキュリティ上の理由から、新しい管理対象ユーザーの作成時にパスワードを指定することはできません。