ストレージポリシーの割り当てを解除

delete
https://api.box.com/2.0
/storage_policy_assignments/:storage_policy_assignment_id/

ストレージポリシーの割り当てを削除します。

ユーザーに対するストレージポリシーの割り当てを削除すると、そのユーザーは会社のデフォルトのストレージポリシーを継承します。

このエンドポイントの呼び出しには、24時間につき1ユーザーあたり2回までというレート制限が適用されます。

リクエスト

Bearer [ACCESS_TOKEN]
application/json

パスパラメータ

stringパス内必須
932483

ストレージポリシー割り当てのID。

レスポンス

none

ストレージポリシー割り当てが正常に削除された場合は、空の応答を返します。

予期しないクライアントエラー。

delete
ストレージポリシーの割り当てを解除
このドキュメント内で一部のAPIを試せるようになりました。
ログイン

リクエストの例

cURL
curl -X DELETE https://api.box.com/2.0/storage_policy_assignments/932483 \
     -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
     -d '{
       "items": {
         "type": "storage_policy",
         "id": "1434325"
       }
     }'
Java
BoxStoragePolicyAssignment assignment = new BoxStoragePolicyAssignment(api, "dXNlcl8xMjM0");
assignment.delete();
Python
client.storage_policy_assignment(assignment_id='12345').delete()
print('The storage policy assignment was successfully delete!')
Node
client.storagePolicies.removeAssignment('dXNlcl8yMjIyMg==')
    .then(() => {
        // deletion succeeded — no value returned
    });
iOS
client.storagePolicies.deleteAssignment(storagePolicyAssignmentId: "22222") { result: Result<Void, BoxSDKError>} in
    guard case .success = result else {
        print("Error deleting storage policy assignment")
        return
    }
    print("Storage policy assignment is successfully deleted.")
}