ストレージポリシーを割り当て

post
https://api.box.com/2.0
/storage_policy_assignments/

会社またはユーザーに対するストレージポリシー割り当てを作成します。

リクエスト

Bearer [ACCESS_TOKEN]
application/json

リクエスト本文

object本文内

ストレージポリシーを割り当てるユーザーまたは会社。

string本文内必須
9987987

ユーザーまたは会社のID

string本文内必須
user

ポリシーを割り当てるタイプ。

次の値のいずれか1つ: user,enterprise

object本文内

ユーザーまたは会社に割り当てるストレージポリシー

string本文内必須
1434325

割り当てるストレージポリシーのID。

string本文内必須
storage_policy

次の値に固定: storage_policy

レスポンス

作成された新しいストレージポリシー割り当てを返します。

予期しないクライアントエラー。

post
ストレージポリシーを割り当て
このドキュメント内で一部のAPIを試せるようになりました。
ログイン

リクエストの例

cURL
curl -i -X POST "https://api.box.com/2.0/storage_policy_assignments" \
     -H "Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>" \
     -H "Content-Type: application/json" \
     -d '{
       "storage_policy": {
         "type": "storage_policy",
         "id": "1434325"
       },
       "assigned_to": {
         "type": "user",
         "id": "9987987"
       }
     }'
Java
BoxStoragePolicyAssignment.Info assignmentInfo = BoxStoragePolicyAssignment.assign(api, "1234", "5678");
Node
client.storagePolicies.createAssignment('7', '22222')
    .then(assignment => {
        /* assignment -> {
            type: 'storage_policy_assignment',
            id: 'dXNlcl8yMjIyMg==',
            storage_policy: 'storage_policy', id: '7' },
            assigned_to: { type: 'user', id: '22222' } }
        */
    });

レスポンスの例

{
  "assigned_to": {
    "id": 11446498,
    "type": "file"
  },
  "storage_policy": {
    "id": 11446498,
    "type": "storage_policy"
  }
}