管理対象ユーザーと外部ユーザー

ガイド 認証 ユーザータイプ 管理対象ユーザーと外部ユーザー

管理対象ユーザーと外部ユーザー

管理対象ユーザー

管理対象ユーザーとは、管理者と共同管理者が管理コンソールから直接編集、削除、セキュリティ設定の適用、レポートの実行を行うことができる、Box Enterpriseのアカウントです。これらのユーザーは、標準のBoxライセンスを購入しており、ほとんどの場合に同じメールドメインを共有します (常にではありません)。

管理者ユーザーとしてログイン

アプリケーションの中には、正しく動作するために管理者だけが持つ権限を必要とし、管理者にログインを要求するものがあります。

この一例として、エンタープライズイベントを監視し、不審なイベントに対して措置を講じるセキュリティアプリケーションがあります。イベントエンドポイントを使用できるのは、レポートへのアクセス権限を持つ管理者または共同管理者のみです。

制限

  • サーバー間アプリケーションでは、管理対象ユーザーのコンテンツにアクセスするために、開発者コンソールで「アプリ + Enterprise」アプリケーションアクセスを構成しておく必要があります。
  • サーバー間アプリケーションは、「ユーザーとして操作を実行」または「ユーザーアクセストークンを生成」するよう構成されている場合を除き、管理対象ユーザーの代わりに操作を実行することはできません。

外部ユーザー

外部で管理されているユーザー (外部ユーザー) とは、別の会社に属している管理対象ユーザーです。外部ユーザーはコラボレーションでよく遭遇します。外部ユーザーによく遭遇するのは、外部ユーザーが、アプリケーションの会社のユーザーが所有するコンテンツでコラボレーションしている場合やOAuth 2.0アプリケーションを承認する場合です。外部ユーザーは自分のBoxアカウントを所有していますが、管理コンソールで管理することができません。

制限

  • 外部ユーザーはアプリケーションの会社に属していないため、会社のすべてのユーザーのリストを取得しても返されません。
  • アプリケーションは外部ユーザーを作成、編集、管理できません。