アクセス制限付きアプリの承認

ガイド 承認 アクセス制限付きアプリの承認

アクセス制限付きアプリの承認

アクセス制限付きアプリは、作成時に企業での使用について自動的に承認されます。

ただし、Enterprise設定の [アプリトークンを使用する場合に管理者の承認を要求する] が有効になっている場合、管理者は追加の手順を行う必要があります。

承認の通知

アプリの承認を送信するための半自動プロセスは、開発者コンソールで利用できます。

開発者コンソールで、目的のアプリケーションの [承認] タブに移動します。

キーの追加と管理

承認を得るためにアプリケーションを送信すると、企業のプライマリ管理者宛てにアプリケーションを承認するようメールが送信されます。このプロセスの詳細については、アプリの承認に関するサポート記事を参照してください。

手動による承認

以下の手順では、手動でアプリケーションを承認する方法について説明します。

開発者の場合

開発者の場合、開発者コンソールで、目的のアプリケーションの [構成] タブに移動します。[OAuth 2.0資格情報] セクションまで下にスクロールし、Box管理者に提出するクライアントIDの値をコピーします。

Box管理者の確認方法

自分の会社の管理者がわからない場合は、Boxの [アカウント設定] ページに移動し、一番下までスクロールしてください。管理者の連絡先が設定されている場合は、[管理者の連絡先] の下に連絡先情報が表示されます。

管理者の場合

Box管理者の場合、[管理コンソール] に移動し、左側のナビゲーションパネルで [アプリ] タブ (1) を選択して、画面上部にある [カスタムアプリ] タブ (2) をクリックします。この画面では、新しいアプリ承認を追加するための [+] ボタンが右上隅に表示されます。

[アプリ] タブ

表示されるポップアップで、開発者が開発者コンソールの [構成] タブから収集した、アプリケーションのクライアントIDを入力します。

有効になっているEnterprise設定によっては、追加の手順が必要になる場合があります。

変更の再承認

アプリケーションのスコープまたはアクセスレベルが変更された場合は、アプリケーションを再承認する必要があります。新しい変更を有効にするには、上記のプロセスを繰り返して新しいアクセストークンをリクエストしてください。

管理者は、アプリケーションが最初に承認されたのと同じセクションで、そのアプリケーションを再承認できます。再承認するには、アプリケーション名の右側にある省略記号をクリックし、[アプリを再承認] を選択します。

アプリの再承認