承認

ガイド 承認

承認

アプリケーションによっては、企業で使用する前に管理者の明示的な承認が必要になる場合があります。管理者が行う必要のある手順は、開発者が選択した認証方法と有効になっているEnterprise設定によって異なります。

認証方法

以下の認証方法では、常に管理者の明示的な承認が必要です。

これらの認証方法では、サービスアカウントが自動的に生成されます。適切なスコープが有効になっていると、サービスアカウントは管理者の多くの操作を実行できるため、使用する前に管理者の承認が必要になります。

OAuth 2.0アプリとアプリトークンも、有効になっているEnterprise設定に基づき、管理者の明示的な承認が必要になる場合があります。

Enterprise設定

以下のEnterprise設定のいずれかが有効になっている場合は、後続の手順が必要です。

  • デフォルトで公開アプリを無効にする
  • デフォルトで未公開アプリを無効にする
  • アプリトークンを使用する場合に管理者の承認を要求する

これらの設定は、次のように移動すると見つかります。

管理コンソール > [アプリ] > [カスタムアプリ] > ⚙ アイコンをクリック

公開アプリとは、アプリギャラリーで見つかるアプリケーションのことです。

必要なアクション

特定のアプリに対して管理者がどのような手順を完了する必要があるかについては、以下のシナリオを確認してください。

[デフォルトで公開アプリを無効にする]:

認証方法有効無効
OAuth 2.0個々のアプリコントロールで使用可能に設定使用準備完了
サーバー認証 (JWT使用)なしなし
サーバー認証 (クライアント資格情報)なしなし
アプリトークン認証なしなし

[デフォルトで未公開アプリを無効にする]:

認証方法有効無効
OAuth 2.0許可リストに追加使用準備完了
サーバー認証 (JWT使用)[アプリ] > [カスタムアプリ] で承認し、許可リストに追加[アプリ] > [カスタムアプリ] で承認
サーバー認証 (クライアント資格情報)[アプリ] > [カスタムアプリ] で承認し、許可リストに追加[アプリ] > [カスタムアプリ] で承認
アプリトークン認証許可リストに追加使用準備完了

[アプリトークンを使用する場合に管理者の承認を要求する]:

認証方法有効無効
OAuth 2.0なしなし
サーバー認証 (JWT使用)なしなし
サーバー認証 (クライアント資格情報)なしなし
アプリトークン認証[アプリ] > [カスタムアプリ] で承認作成時に自動的に承認