フォルダのコピー

フォルダのコピー

Box上でフォルダをコピーするには、コピー先となるparentフォルダのidをAPIに渡す必要があります。

cURL
curl -X POST https://api.box.com/2.0/folders/4353455/copy \
     -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>'
     -H 'Content-Type: application/json'
     -d '{
       "parent": {
         "id": "345345"
       }
     }'
.NET
// Copy folder 11111 into folder 22222
var requestParams = new BoxFolderRequest()
{
    Id = "11111",
    Parent = new BoxRequestEntity()
    {
        Id = "22222"
    }
};
BoxFolder folderCopy = await client.FoldersManager.CopyAsync(requestParams);
Java
BoxFolder folder = new BoxFolder(api, "id1");
BoxFolder destination = new BoxFolder(api, "id2");
folder.copy(destination);
Python
folder_id = '22222'
destination_folder_id = '44444'

folder_to_copy = client.folder(folder_id)
destination_folder = client.folder(destination_folder_id)

folder_copy = folder_to_copy.copy(destination_folder)
print('Folder "{0}" has been copied into folder "{1}"'.format(folder_copy.name, folder_copy.parent.name))
Node
client.folders.copy('11111', '22222')
    .then(folderCopy => {
       /* folderCopy -> {
            type: 'folder',
            id: '1234567',
            sequence_id: '0',
            etag: '0',
            name: 'Pictures from 2017',
            created_at: '2012-12-12T10:53:43-08:00',
            modified_at: '2012-12-12T11:15:04-08:00',
            description: 'Some pictures I took',
            size: 629644,
            path_collection: 
            { total_count: 1,
                entries: 
                [ { type: 'folder',
                    id: '0',
                    sequence_id: null,
                    etag: null,
                    name: 'All Files' },
                  { type: 'folder',
                    id: '22222',
                    sequence_id: '3',
                    etag: '3',
                    name: 'Archives' } ] },
            created_by: 
            { type: 'user',
                id: '22222',
                name: 'Example User'
                login: 'user@example.com' },
            modified_by: 
            { type: 'user',
                id: '22222',
                name: 'Example User',
                login: 'user@example.com' },
            owned_by: 
            { type: 'user',
                id: '22222',
                name: 'Example User',
                login: 'user@example.com' },
            shared_link: null,
            parent: 
            { type: 'folder',
                id: '22222',
                sequence_id: '3',
                etag: '3',
                name: 'Archives' },
            item_status: 'active',
            item_collection: 
            { total_count: 1,
                entries: 
                [ { type: 'file',
                    id: '44444',
                    sequence_id: '0',
                    etag: '0',
                    sha1: '134b65991ed521fcfe4724b7d814ab8ded5185dc',
                    name: 'tigers.jpeg' } ],
                offset: 0,
                limit: 100 } }
        */
    });
iOS
client.folders.copy(
    folderId: "22222",
    destinationFolderID: "12345"
) { (result: Result<Folder, BoxSDKError>) in
    guard case let .success(folderCopy) = result else {
        print("Error copying folder")
        return
    }

    print("Copied folder \(folderCopy.name) to destination \(folderCopy.parent?.name)")
}

オプションで、新しいフォルダに別の名前を付けることもできます。

Node
client.folders.copy('12345', '0', {name: 'Renamed folder'})
    .then(folderCopy => {
        // ...
    });

名前に関する制約事項

ファイル名にはいくつかの制約事項があります。印字不可能なASCII文字を含む名前、スラッシュおよびバックスラッシュ(/\)を含む名前、末尾にスペースを含む名前は禁止されています。

また、.および..は予約済みの名前であるため、使用できません。

非同期コピー

コピーされるフォルダに含まれる項目が500個以下の場合は、API呼び出しと同時にコピーが実行されます。呼び出しはコピー操作が完了するまで復帰しません。

コピー元のフォルダに500個を超える項目が含まれる場合は、非同期的にコピー操作が実行され、API呼び出しはコピー操作が完了していなくても直ちに復帰します。現時点では、コピー操作がいつ終了したのかを確認するAPIはありません。

フォルダのロック

この操作の進行中は、ファイルツリーの一部がロックされます。ロックされるのは、主に元のフォルダとその子孫フォルダ、および宛先フォルダです。

操作の進行中は、ロックされているどのフォルダに対しても、他の移動、コピー、削除、または復元操作を実行できません。最も重要な点は、同じフォルダをフォルダツリーの2つの異なる部分に同時にコピーすることはできないということです。

メタデータ

宛先フォルダのいずれかの親フォルダにメタデータカスケードポリシーが適用されている場合は、メタデータカスケード操作が非同期的に開始されます。

現時点では、この操作がいつ終了したのかを確認するAPIはありません。