ファイルレプリゼンテーションのダウンロード

ガイドレプリゼンテーションファイルレプリゼンテーションのダウンロード

ファイルレプリゼンテーションのダウンロード

レプリゼンテーションをダウンロードするには、レプリゼンテーションを選択した際に受け取ったurl_templateを使用します。{+asset_path}は、レプリゼンテーションの種類に応じて置き換えます。

ページ割りされたレプリゼンテーション

PDFのようにページ割りされたレプリゼンテーションでは、{+asset_path}を目的のページ番号とファイル拡張子に置き換えます(例: 1.pdf)。

curl https://dl.boxcloud.com/api/2.0/internal_files/123/versions/345/representations/pdf/content/3.pdf \
  -H "authorization: Bearer ACCESS_TOKEN"

ページ割りされていないレプリゼンテーション

ページ割りされていないレプリゼンテーションでは、{+asset_path}を空の文字列に置き換えます。

curl https://dl.boxcloud.com/api/2.0/internal_files/123/versions/345/representations/jpg_32x32/content/ \
  -H "authorization: Bearer ACCESS_TOKEN"

省略可能なクエリパラメータ

レプリゼンテーションを取得する場合、以下の省略可能なヘッダーを使用できます。

パラメータオプションデフォルト
set_content_disposition_typeinline / attachmentnull

指定された値でAPI応答のcontent-dispositionヘッダーを設定します。配置タイプをattachmentに設定した場合、ほとんどのウェブブラウザでは応答をデバイスに保存するようユーザーに促します。一方、タイプをinlineに設定した場合は、ブラウザでファイルが開かれます。

指定しなかった場合、応答にcontent-dispositionヘッダーは含まれません。

パラメータオプションデフォルト
set_content_disposition_filename拡張子のないファイル名null

アプリケーションでは、ダウンロードしたレプリゼンテーションのファイル名を定義できます。

定義しなかった場合、ファイル名は、Box内の元のファイル名から派生し、拡張子はレプリゼンテーションのファイルタイプに置き換えられます。