Webhook

ガイド Webhook

Webhook

Webhookを使用すると、Boxコンテンツのイベントを監視し、イベントの発生時に任意のURLへの通知を受け取ることができます。たとえば、ワークフローには、共有リンクを削除するためのファイルダウンロードの待機が含まれる場合があります。このファイルにWebhookを設定すれば、ダウンロードイベントが通知されたときに、スクリプトが起動し、共有リンクを削除するためのAPI呼び出しを実行できます。

バージョン

WebhookにはV1とV2の2種類があります。この2つの比較を以下に示します。

V1V2
開発者コンソールで作成API呼び出しで作成
ルートレベルに設定特定のファイル/フォルダに設定 (ただしルートには設定不可)
14のイベントトリガーから選択30以上のイベントトリガーから選択
選択したコールバックパラメータを提供ペイロードに、オブジェクトレスポンスと追加のコンテキスト情報がすべて含まれる
通知配信の失敗後の再試行メカニズムなし通知配信の失敗後、10回まで再試行可能
ペイロード検証をサポートしないペイロード検証をサポート
通知URLはHTTPまたはHTTPSを指定可通知URLはHTTPSのみ指定可
拡張性は小さい拡張性に優れ、信頼性が高い