メタデータカスケードポリシーを取得

get
https://api.box.com/2.0
/metadata_cascade_policies/:metadata_cascade_policy_id/

フォルダに割り当てられた特定のメタデータカスケードポリシーを取得します。

リクエスト

Bearer [ACCESS_TOKEN]
application/json

パスパラメータ

stringパス内必須
6fd4ff89-8fc1-42cf-8b29-1890dedd26d7

メタデータカスケードポリシーのID。

レスポンス

メタデータカスケードポリシーを返します。

ポリシーが見つからないか、ユーザーがフォルダにアクセスできない場合はエラーを返します。

  • instance_not_found - ポリシーが見つからない場合に返されます。
  • not_found - フォルダが見つからないか、ユーザーがフォルダにアクセスできない場合に返されます。

予期しないクライアントエラー。

get
メタデータカスケードポリシーを取得
このドキュメント内で一部のAPIを試せるようになりました。
ログイン

リクエストの例

cURL
curl -X GET https://api.box.com/2.0/metadata_cascade_policies/324324 \
     -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>'
.NET
BoxMetadataCascadePolicy retrievedCascadePolicy = await client.MetadataCascadePolicyManager
    .GetCascadePolicyAsync("12345", IEnumerable<string> fields = null);
Java
String cascadePolicyID = "1234";
BoxMetadataCascadePolicy metadataCascadePolicy = new BoxMetadataCascadePolicy(api, cascadePolicyID);
BoxMetadataCascadePolicy.Info metadataCascadePolicyInfo = metadataCascadePolicy.getInfo();
Python
cascade_policy = client.metadata_cascade_policy('84113349-794d-445c-b93c-d8481b223434').get()
print('Cascade policy applies to a template owned by enterprise {0}'.format(cascade_policy.owner_enterprise.id))
Node
var policyID = '84113349-794d-445c-b93c-d8481b223434';
client.metadata.getCascadePolicy(policyID)
	.then(cascadePolicy => {
		/* cascadePolicy -> {
			id: '84113349-794d-445c-b93c-d8481b223434',
			type: 'metadata_cascade_policy',
			owner_enterprise: {
				type: 'enterprise',
				id: '11111'
			},
			parent: {
				type: 'folder',
				id: '22222'
			},
			scope: 'enterprise_11111',
			templateKey: 'testTemplate'
		}
		*/
	});

レスポンスの例

{
  "id": "6fd4ff89-8fc1-42cf-8b29-1890dedd26d7",
  "type": "metadata_cascade_policy",
  "owner_enterprise": {
    "id": 690678,
    "type": "enterprise"
  },
  "parent": {
    "id": 1234567,
    "type": "folder"
  },
  "scope": "global",
  "templateKey": "productInfo"
}