カスタムアプリ

カスタムアプリ

Box Platformを使用するには、カスタムアプリ統合を使用する方法が間違いなく融通がききます。

カスタムアプリでは、OAuth 2.0JWT、およびアプリトークン認証がサポートされます。これらの認証によって、アプリケーションは、ファイルやフォルダを操作するだけでなく、タスク、リーガルホールドなどの会社レベルのプロパティを操作できるようになります。

カスタムアプリケーションは、通常、カスタムインターフェイス内でBox機能をユーザーに表示します。Boxでは、閲覧、検索、表示などのカスタマイズ可能な機能にUI Elementと呼ばれるあらかじめ作成されたユーザーインターフェイスが用意されています。また、独自のユーザーインターフェイスを作成することもできます。

認証方式

カスタムアプリでは、アプリケーションの機能と制限を決定する3種類の認証がサポートされています。主な違いの概要を以下に示します。

OAuth 2.0JWTアプリトークン
ユーザーの関与が必要?はいいいえいいえ
管理者の承認が必要?いいえはいはい
他のユーザーの代理で操作可能?はいはいいいえ
ユーザーにBoxを表示?はいいいえいいえ
App Userを作成可能?いいえはいいいえ

各種認証の詳細を確認する

カスタムアプリを使用する場合

アプリケーションが以下のような場合に、カスタムアプリを使用すると最も効果的です。

  • OAuth 2.0JWT、またはアプリトークン認証を使用する
  • ファイルをアップロードおよびダウンロードする
  • 自分が所有するファイルにも、他のユーザー(外部ユーザーを含む)が所有するファイルにも自由にアクセスする
  • Boxアプリギャラリーにアプリケーションを掲載する
  • Boxウェブアプリとの統合を可能にする