カスタムアプリ

カスタムアプリ

カスタムアプリはほとんどのユースケースに対応しており、最も柔軟なアプリケーションの種類です。

カスタムアプリケーションは、通常、カスタムインターフェイス内でBox機能をユーザーに表示します。Boxには、コンテンツの閲覧、検索、プレビューなどの機能のために、UI Elementsと呼ばれる、組み込みのカスタマイズ可能なユーザーインターフェイスコンポーネントが用意されています。

認証方法

カスタムアプリでは、OAuth 2.0JWT、およびクライアント資格情報許可がサポートされています。

認証方法の詳細を確認する

使用するタイミング

アプリケーションが以下のような場合に、カスタムアプリを使用すると最も効果的です。

ユースケース

以下は、カスタムアプリのユースケースの例です。

  • アプリケーション内のファイル保存場所。これにより、エンドユーザーが自分と共有されているファイルにアクセスできると同時に、従業員にもBoxウェブアプリを介して同じファイルへのアクセス権限が提供されます。

    この一例として、ファイナンシャルアドバイザーは、カスタムアプリケーション内で閲覧またはコメントが可能な取引明細書や投資目論見書を投資家と共有します。

  • アプリケーションのファイルアップロード機能。これにより、エンドユーザーは、独自に構築したアプリケーション内からBoxにファイルを送信したりアップロードしたりできます。その後、これらのアップロードにより、Boxウェブアプリを使用したビジネスプロセスが開始されます。

    この一例として、志願者が採用ポータルに送信した経歴書のPDFは、審査のため適切な従業員に転送されます。

承認

カスタムアプリは、使用前に承認が必要になる場合があります。

カスタムアプリの承認方法を確認する