UI Elements

UI Elements

Box UI Elementsは、開発者がメインのBoxウェブアプリの要素を独自のアプリケーションに追加できるようにする、あらかじめ組み込まれたUIコンポーネントです。これを使用すると、Boxに保存されているコンテンツを参照、アップロード、プレビュー、選択することができます。また、これは、Reactコンポーネントとしても、およびフレームワークに依存しないJavaScriptライブラリとしても使用できます。

利用可能な要素

Boxには、アプリケーションでファイルやフォルダに共通するユーザーエクスペリエンスを実現するためにUI Elementsがいくつか用意されています。

使用可能なUI Elementsは以下のとおりです。

  • Content Explorer - ユーザーがファイルやフォルダを検索および参照できるようにします。
  • Content Open With - ユーザーが埋め込みのドロップダウンを使用して、Boxに保存されているコンテンツをパートナーアプリケーションで開けるようにします。
  • Content Picker - ユーザーがBoxアカウントからファイルやフォルダを選択できるようにします。
  • Content Preview - ドキュメント、画像、音声、動画などに使用するインタラクティブなビューアーを表示します。
  • Content Sidebar - ファイルメタデータとアクティビティフィード情報用のサイドバーを表示します。
  • Content Uploader - ユーザーがファイルを選択するかドラッグアンドドロップしてアップロードできるようにします。

UI Elementsは、単独で使用することも、ファイルをアップロードしてから表示するように、組み合わせてコンテンツに関する共通のユーザーフローを構築することもできます。