Box Sign

ガイド Box Sign

Box Sign

署名リクエストの作成、リスト取得、再送信、キャンセルを実行するBox SignのAPIエンドポイントを使用することで、Box Signウェブアプリの全機能をプログラムによって利用できます。

有効化

日本時間2021年7月27日に、Box Signをリリースしました。Business、Business Plus、Enterprise、Enterprise Suites、Starterの各プランにBox Signを追加する予定です。Box SignのAPIエンドポイントを使用するために管理者がBox Signを有効にする必要はありませんが、企業に導入する必要はあります。BoxインスタンスでBox Signが利用可能になる前に、管理者に通知されます。

アカウントの種類でBox Signへのアクセスがサポートされている場合は、Box Sign APIを使用してリクエストを行うことができます。サポートされているタリフには、Business、Business Plus、Enterprise、Enterprise Suites、Enterprise Plus、Starterが含まれます。アカウントの種類を確認するには、[アカウント設定] に移動し、[アカウント] タブの [アカウントの詳細] セクションまで下にスクロールします。管理者向けのアクセス制限の詳細については、サポート記事を参照してください。

必須のスコープ

Box Signのエンドポイントを使用する前に、アプリケーションで以下のスコープを有効にする必要があります。

選択した認証方法や企業の設定によっては、新たに選択したスコープを使用する前に、アプリケーションで管理者の承認または再承認が必要になる場合があります。

レート制限

詳細については、レート制限ガイドを参照してください。

テスト

機能が同等であるため、APIを利用する前に、Boxウェブアプリを使用してBox Signの機能をよく理解しておくと役に立つかもしれません。すべてのAPIエンドポイントと同様に、実稼働環境のコンテンツに影響を及ぼすリスクを取り除くため、開発者サンドボックス環境でテストすることをお勧めします。