アプリトークン認証

ガイド認証アプリトークン認証

アプリトークン認証

アプリトークンを使用するサーバー側認証は、Box APIに対して認証するための代替方法で、アプリケーションのサービスアカウントに制限されている、有効期間の長い固定のアクセストークンを使用します。

アプリトークンの制限

サーバー側アプリトークンは、アプリケーションのアクセス権限がその所有アカウントに対するデータの読み取りおよび書き込みのみになる認証方式です。アプリトークン認証は、主にBox Viewアプリケーションでの使用を目的としています。

この認証方式を使用すると、アプリケーションはそのアプリケーションに属しているサービスアカウントとして自動的に認証されるため、ユーザーを承認する必要はありません。

アプリトークンを使用する場合

アプリトークンを使用するサーバー側認証は、以下に当てはまるアプリに最適な認証方式です。

  • ユーザーモデルがない環境、またはBoxアカウントを持たないユーザーがいる環境で使用する
  • 独自のIDシステムを使用する
  • ユーザーにBoxを使用していることを認識させたくない
  • ユーザーのアカウントではなく、アプリケーションのサービスアカウントにデータを保存する