Box Embed

Box Embed

Box EmbedはHTMLベースのフレームワークで、Boxの機能全体を埋め込み、場所を問わずに使えるようにします。Box Embedを使用すると、ファイルのアップロード、検索、コメント付け、共有、タグ付けに加え、最も重要な操作としてBox Editを使用したファイルの編集も可能になります。

構成

ウェブから構成

BoxウェブアプリからBox Embedのコードを取得するには、目的のフォルダに移動し、フォルダの横にある省略記号をクリックして、[その他の操作]に移動し、[埋め込みウィジェット]をクリックします。

Box Embed

サイズ、表示方法、および並べ替えを調整するためのオプションが表示されます。

Box Embedの構成

埋め込みウィジェットのカスタマイズが完了したら、あとは埋め込みコードをコピーしてサイトまたはウェブアプリケーションに貼り付けるだけです。

プログラムを使用して構成

Box Embedをさらにカスタマイズする場合は、プログラムを使用してカスタマイズできます。埋め込みのスニペットの形式は次のとおりです。

<iframe
  src="https://{custom_domain}.app.box.com/embed/s/{shared link value}?view={list or icon}&sortColumn={name, date, or size}&sortDirection=ASC"
  width="{pixels}"
  height="{pixels}"
  frameborder="0"
  allowfullscreen
  webkitallowfullscreen
  msallowfullscreen
></iframe>

共有リンクの値の検索

プログラムを使用して埋め込みiframeを構築するには、まず、共有リンクの値を生成または検索します。この値を検索する1つの方法として、Boxウェブアプリを使用します。

Boxの共有

また、GET /files/:idまたはGET /folders/:idエンドポイントを使用してクエリパラメータfields=shared_linkを渡すことにより、APIを介してこの共有リンクの値を検索することもできます。

curl https://api.box.com/2.0/folders/12345?fields=shared_link \
    -H "authorization: Bearer ACCESS_TOKEN"
"shared_link": {
  "url": "https://app.box.com/s/dsbJFzdO7qZxdfOHFzdO7qZxdfOH",
  "download_url": null,
  "vanity_url": null,
  ...
}

パラメータ

次に、表示のカスタマイズオプションを選択します。構成可能なパラメータ(省略可)のリストを以下に示します。

viewファイルまたはフォルダの表示方法の種類。list(デフォルト)またはiconを指定できます。
sortColumnファイルまたはフォルダを並べ替える順番。namedate(デフォルト)、または、sizeを指定できます。
sortDirectionファイルまたはフォルダの並べ替えの方向。ASC(デフォルト)またはDESCを指定できます。
showParentPathフレームのヘッダーにフォルダパスを非表示または表示します。trueまたはfalse(デフォルト)を指定できます。
showItemFeedActionsファイルのコメントまたはタスクを非表示または表示します。true(デフォルト)またはfalseを指定できます。

全画面表示機能

Box Embedスニペットの全画面表示機能を有効にするために、オブジェクトを全画面に表示可能にする場合は、以下のパラメータの1つ以上を<iframe>に含めてください。

  • allowfullscreen
  • webkitallowfullscreen
  • mozallowfullscreen
  • oallowfullscreen
  • msallowfullscreen

有効期限付き埋め込みリンク

ファイルの場合、GET /files/:idを呼び出し、fieldsクエリパラメータを使用してexpiring_embed_linkをリクエストすることもできます。

curl https://api.box.com/2.0/files/12345?fields=expiring_embed_link \
  -H "authorization: Bearer ACCESS_TOKEN"
{
  "etag": "1",
  "expiring_embed_link": {
    "token": {
      "access_token": "1!rFppcinUwwwDmB4G60nah7z...",
      "expires_in": 3646,
      "restricted_to": [
        {
          "object": {
            "etag": "1",
            "file_version": {
              "id": "34567",
              "sha1": "1b8cda4e52cb7b58b354d8da0068908ecfa4bd00",
              "type": "file_version"
            },
            "id": "12345",
            "name": "Image.png",
            "sequence_id": "1",
            "sha1": "1b8cda4e52cb7b58b354d8da0068908ecfa4bd00",
            "type": "file"
          },
          "scope": "base_preview"
        },
       ...
      ],
      "token_type": "bearer"
    },
    "url": "https://cloud.app.box.com/preview/expiring_embed/...."
  },
  "id": "12345",
  "type": "file"
}

url属性を<iframe>内で使用すると、自動で期限切れになるBox Embedインターフェイスを埋め込むことができます。

<iframe
  src="<YOUR-GENERATED-BOX-EMBED-LINK"
  width="{pixels}"
  height="{pixels}"
  frameborder="0"
  allowfullscreen
  webkitallowfullscreen
  msallowfullscreen
/>

パラメータ

UIをカスタマイズするために、このURLにさらにパラメータを追加することもできます。そのためには、以下のパラメータをクエリパラメータとしてurlに追加します。最終的なURLは、次のようになります。

https://app.box.com/preview/expiring_embed/[HASH]?[parameterName]=true
showDownloadファイルをダウンロードするための権限がビューアーにある場合は、埋め込まれたヘッダーバーにダウンロードボタンが表示されます。また、印刷とダウンロードが同じ権限で管理されているため、ドキュメントのファイルタイプには印刷ボタンも表示されます。デフォルトではfalseになります。
showAnnotationsプレビュー以上の権限を持つユーザーは、ドキュメントと画像のプレビューに注釈を付けることができます。また、すでにドキュメントに付けられている注釈も表示されます。注釈が利用可能なファイルタイプおよび注釈の種類の詳細については、注釈ページを参照してください。現在、注釈はウェブブラウザでのみ使用できます。モバイルブラウザでは、ユーザーは注釈を表示できますが、新しい注釈を作成することはできません。

カスタムロゴ

有料のBoxをお使いの場合は、ファイルのプレビューに表示されるBoxのロゴを削除できます。削除するには、管理コンソールの[Enterprise設定]、[カスタム設定]に移動し、[埋め込みウィジェットのカスタマイズ]をオフに切り替えてBoxのロゴを非表示にします。

制限

Box Embedは、モバイルブラウザ向けには最適化されていないため、モバイルデバイス用に設計されたウェブエクスペリエンスでは使用しないでください。多くのUI Element (ダウンロードオプションや印刷オプションなど) はモバイルブラウザに表示されない可能性があります。