Box Platformの用語集

ガイド Box入門 Box Platformの用語集

Box Platformの用語集

この用語集では、Box Platformで使用される用語と定義をまとめています。

Boxリソースの種類/用語別名説明
管理者スーパーユーザー、スーパーバイザーEnterpriseアカウントのメイン管理者。管理者は、ユーザーとグループの管理、組織のすべてのファイルとフォルダの表示と編集、組織内のさまざまなユーザーのアカウントへのログイン、組織の設定の編集、レポートの実行とアクセスが可能です。Box管理者は主要アカウント管理者です。
管理コンソール特定の企業を管理するためのダッシュボード領域。管理者、グループ管理者、共同管理者がアクセスできます。
匿名ユーザーログインしていないユーザー。
App UserBox App Userは、Boxと統合されるアプリケーションまたはサービスに関連付けられている、Box Platform内の特定の種類のユーザーです。App Userは、API経由でしかアクセスできません (つまり、ログイン資格情報を持っていません)。これは、サービスアカウントによって作成できるため、サーバー間認証を利用するアプリケーションのみに適用できます。App Userは、その作成に使用されたアプリケーションに関連付けられているため、そのユーザー自体を別のアプリケーションに移動することはできません。ただし、そのアプリケーション外でのコンテンツのコラボレーションは可能です。
ブックマーク/ウェブリンクシンボリックリンク、シムリンク、ソフトリンク、参照、関係コンテンツの構造内で外部ウェブサイトや特定の場所に簡単にアクセスできるようにする、クリック可能な参照。
Box App CenterアプリストアBoxユーザーが、Boxと組み合わせて使用できるアプリケーションについて最初に調べる場所。
BoxコマンドラインインターフェースBox CLI開発者でも開発者以外のユーザーでもBox APIを利用してルーチンや一括操作を実行できる、使い勝手の良いコマンドラインツール。
Box Custom Skillカスタムスキル、Box SkillBoxにアップロードされたファイルに対してカスタマイズした処理を実行するアプリケーションの種類。Skillsは、サードパーティの機械学習サービスを使用して、Boxにアップロードされたファイルから情報を自動的に抽出できるように設計されています。
Box Embedサードパーティ製アプリケーション内の任意の場所にBoxウェブアプリの機能を埋め込めるようにする、HTMLベースのフレームワーク。Box Embedを使用すると、ファイルのアップロード、検索、コメント付け、共有、タグ付けに加え、Box Editを使用したファイルの編集も可能になります。
Box Platformカスタムアプリケーションを作成したり、ワークフローを統合したり、安全なドキュメントの保存、アクセスの制御、バージョン管理、メタデータ管理、リアルタイムコラボレーションのための強力な機能を活用したりするためのツールやインフラストラクチャを開発者に提供する、API駆動型のクラウドコンテンツ管理およびコラボレーションのプラットフォーム。
Boxサンプルコードカタログ開発者と管理者は、さまざまなプログラミング言語のツール、自動化スクリプト、自習型ワークショップ、デモアプリのコードリポジトリを検索できます。このカタログには、80を超えるオープンソースリポジトリやガイドが用意されています。
Box ShieldBoxが提供するセキュリティソリューションで、自動分類と先を見越した監視により、機密データの保護、不正アクセスの防止、潜在的な脅威の検出に役立ちます。
Box SkillsBox Skillsは、コンテンツから自動的にインサイトとメタデータを抽出してBoxの機能を強化する、AIを活用した機能です。
Box RelayBox Relayを使用すると、コンテンツ中心のビジネスプロセスを自動化してスピードアップするためにワークフロー自動化を作成し、構成できます。
Box Verified EnterpriseBVEBox Verified Enterpriseは、組織のコンテンツ管理システムのセキュリティとコンプライアンスを確保する認定プログラムです。
Box UI Elements開発者がメインのBoxウェブアプリの要素を独自のアプリケーションに追加できるようにする、組み込みのUIコンポーネント。これを使用すると、Boxに保存されているコンテンツを参照、アップロード、プレビュー、選択することができます。また、これは、Reactコンポーネントとしても、フレームワークに依存しないJavaScriptライブラリとしても使用できます。
カスケードポリシーBoxでは、メタデータインスタンスをフォルダに追加し、それを自動的にフォルダのコンテンツにカスケードできるため、個別にインスタンスを追加する必要がありません。メタデータのカスケードを使用すると、一度で複数のファイルやサブフォルダにメタデータをすばやく追加できます。
分類ファイルまたはフォルダに適用される分類を含む、分類メタデータテンプレートのインスタンス。
コラボレーションファイルまたはフォルダでの共同作業。
コラボレーション権限、ロールベースのアクセス制御 (RBAC)、アクセス制御リスト (ACL)、権限のマッピングアクセス制御リストと同様に、コラボレーションではファイルとフォルダに対するユーザーおよびグループのアクセス権限が定義されます。コラボレーションオブジェクトは、特定のロールによって定義される権限を含んだファイルまたはフォルダへのアクセス権限をユーザーまたはグループに付与します。
コラボレータファイルまたはフォルダへのアクセス権限を共有するユーザー。
コラボレーションフォルダ共有フォルダ社内のユーザーが所有する共有フォルダ。
コラボレーションロール権限レベル、アクセスレベルコラボレーションロールでは、特定のファイルまたはフォルダに対するユーザーの権限レベルが定義されます。Boxのコラボレーションロールには、所有者共同所有者編集者ビューアー/アップローダープレビューアー/アップローダービューアーがあります。Boxのコラボレーションレベルは、各ユーザーが招待されたフォルダおよびその下のサブフォルダのみにアクセスできる「ウォーターフォール」設計に従います。また、ユーザーを個々のファイルに招待することもできます。
コレクションファイルやフォルダなどの項目の集合。コレクションのコンテンツは、フォルダのコンテンツと同じ方法で調べることができます。
コンテンツマネージャ管理コンソールの機能で、次の操作を実行できます: 組織内のファイルやフォルダを検索およびダウンロードする、ユーザーごとにアクセス可能なファイルとフォルダを表示する、フォルダ間でファイルを移動する、コラボレータをフォルダに招待する、共有リンクを取得してアクセスレベルを変更する、ユーザーのごみ箱からファイルやフォルダを削除する。
共同管理者一部の管理者権限を持っている、メイン管理者以外のユーザー。共同管理者は、組織の管理者と同じ操作を実行できますが、管理者の権限または他の共同管理者の権限を変更することはできません。共同管理者のデフォルトのアクセスレベルで可能なのはユーザーとグループの管理のみですが、このアクセスレベルはユーザーごとに変更できます。
カスタムアプリ他のツールやシステムとの統合により、Boxの機能が拡張されている独自のアプリケーション。ワークフローの効率化やコラボレーションの強化に使用されます。これは、開発者コンソールで作成でき、いくつかの認証方法を使用できます。
開発者プログラマソフトウェアアプリケーションやシステムの設計、構築、保守を担当し、開発者コンソールへのアクセス権限を持っている、技術を有する専門家。Boxでは、開発者に管理者ロールを割り当てることができます。
開発者コンソールコードの実行とシステムのパフォーマンスに関するインサイトをリアルタイムに提供することで、開発者がアプリケーションを作成、デバッグ、テスト、監視できるようにするポータル。
Enterpriseリポジトリ、コンテンツストア、ファイルキャビネット、ドックベース、保管庫BoxのEnterpriseとは、Boxが大規模な組織向けに提供するツールとサービスの包括的なスイートであり、安全なファイルストレージ、コラボレーション機能、アクセス制御、ワークフローの自動化、コンプライアンスの適用、分析を実現します。効率的なドキュメント管理とチームワークを可能にしながら、企業の設定におけるデータのセキュリティを確保します。
情報バリアInformation barriers利益相反につながり、結果として倫理的または法的に問題のあるビジネス活動につながる可能性があるやり取りまたは通信を防ぐメカニズム。
イベントユーザーによって実行された操作の結果。Using the Enterprise Event Stream (英語) を参照してください。
外部コラボレータ外部ユーザー企業に属していないコラボレータ。
外部コラボレーションフォルダ社外のユーザーが所有するフォルダ。
ファイルドキュメント、非構造化データ構造化されたフォーマットで情報やデータを保管するデジタルコンテナ。
フォルダディレクトリ、コンテナファイルが含まれているディレクトリ。
グループ管理者グループ管理者は、担当グループへの既存ユーザーの追加、グループに割り当てる新規ユーザーの作成、グループへのフォルダアクセスの割り当てが可能です。また、グループに関するレポートも実行できます。
グループチームユーザーがファイルを共有したり、ドキュメントでコラボレーションしたり、互いにコミュニケーションを取ったりできるコラボレーションワークスペース。
項目オブジェクト、Boxオブジェクト、コンテンツファイル、フォルダ、またはウェブリンクを表すことができます。
アクセス制限付きアプリ特定のユーザーがBox Platform内の指定されたコンテンツにアクセスして操作できるように、開発者コンソールで作成された安全かつ制限されているアプリケーション。
管理対象ユーザー組織の管理者によって一元的に制御および管理されているユーザーアカウント。
メタデータテンプレートドキュメントクラス、ドキュメントタイプ、コンテンツタイプ、インデックスドキュメントまたはファイルに関する重要な情報を取得して整理する事前定義済みの構造。
メタデータ属性プロパティ、フィールド、キーワード、インデックス値メタデータ属性は、データの種類、形式、ソースなど、データの詳細をわかりやすく提供する情報です。
個人用フォルダ個人ユーザーが所有するフォルダ。
レポート特定のデータセットが含まれているファイル。管理コンソールの [レポート] タブを使用して、使用状況のログ、ファイル/ユーザーの統計情報、セキュリティ監査など、アカウント全体のさまざまなレポートを実行できます。
サンドボックステスト環境開発者向けに管理されている、追跡可能なテスト環境。実稼働環境ではありません。
サービスアカウントサービスアカウントにより、開発者は、サーバー側のBoxとの統合にプログラムによる認証メカニズムを使用できます。つまり、アプリケーションはBoxに対してサービスとして認証を受けることができ、これがサービスアカウントユーザーで表されます。その後、サービスアカウントを使用して、App Userと呼ばれるアプリケーション固有のユーザーを他に作成できます。
共有リンク社内外の同僚や友人と共有できる、Boxに保存されているコンテンツへのハイパーリンク。ファイルまたはフォルダへの共有リンクをユーザーに送信すると、共有コンテンツを使ってそのユーザーと共同作業することができます。カスタマイズ可能な権限レベル、有効期限、オプションのパスワード保護により、Boxの共有リンクは、重要なコンテンツを共有するための安全かつシンプルな手段となります。
ソフトウェア開発者向けツールSDK開発者が特定のプラットフォームまたはフレームワーク用のソフトウェアアプリケーションを作成するのに役立つツール、ライブラリ、ドキュメントの集合。
タスク動作ドキュメントの共同作成エディタ内で完了する必要がある特定の操作または作業。
ユーザーID、人、権限を持つ人ドキュメントの共同作成エディタを使用して、ドキュメントの作成や編集、他のユーザーとのドキュメントの共有を行う個人。
管理対象外ユーザー組織によって一元管理されておらず、Box内のコンテンツに対するアクセスと制御が制限されているユーザーアカウント。また、管理対象外ユーザーは、必ずしも外部ユーザーであるとは限りません。
バージョン管理すべてのユーザーが最新バージョンで作業できるように、異なるバージョンのドキュメントを管理して追跡すること。
WebhookWebhookは、アプリケーションがHTTP POSTリクエストを送信することによって、別のアプリケーションにリアルタイムのデータや通知を提供するための手段です。
ワークフローBox内のワークフローは、ドキュメント中心のプロセスの効率化と進捗の追跡を支援する、自動化されたタスクのシーケンスであり、効率的なコラボレーションとタイムリーな完了を保証します。