Boxアプリの設定

Boxアプリの設定

Postmanコレクションを使用するために、Postmanアプリケーションはアクセストークンを使用してBox APIから認証を受ける必要があります。アクセストークンを取得するには、Boxアプリを使用してBoxにログインする方法が最も簡単です。

Boxアプリは、API呼び出しの実行に使用できるアプリケーションです。Postmanコレクションを使用する際は、独自のBoxアプリを設定するか、あらかじめ設定されているBoxアプリを使用するかを選択できます。独自のBoxアプリを設定した場合の主な利点は、1時間ごとにログインする必要がなくなることです。ただし、設定にいくつか追加手順が必要になります。

使用するBoxアプリの選択

新しいBoxアプリを作成する

ここからBoxアプリをセットアップできます。数回クリックするだけで準備できます。

既存のアプリを使用する

使用したいBoxアプリをすでに作成済みの場合は、そのアプリケーションの資格情報を使用できます。

Boxアプリの作成

独自のBoxアプリを使用するには、Box開発者コンソールで新しいBoxアプリを作成する必要があります。下のボタンをクリックすると、アプリがセットアップされます。最後に、クライアントIDクライアントシークレットを取得できます。

アプリの作成閉じる

難しい部分は、開発者に代わってBoxが対応します。代わりにアプリを作成できるように、ログインしてください。

これらの資格情報は、次の手順でアプリケーションの認証に使用します。

既存のアプリを使用する

事前にBoxアプリをすでに作成済みの場合は、そのアプリも使用できます。そのアプリを使用するには、いくつかの設定が必要です。

  1. 開発者コンソールに移動します。
  2. アプリケーションを選択します。
  3. アプリの構成セクションに移動します。
  4. アプリケーションが認証方式として標準OAuth 2.0を使用することを確認します。
  5. [OAuth 2.0リダイレクトURI]の設定まで下にスクロールし、[リダイレクトURL]に値https://developer.box.com/auth/callbackを設定します。
  6. [アプリケーションスコープ] セクションまでスクロールし、目的の権限を選択します。アプリケーションには、**次のスコープの1つ以上が必要です。**このスコープとは、ユーザーの管理、Boxに格納されているすべてのファイルとフォルダの読み取り、Boxに格納されているすべてのファイルとフォルダの読み取りと書き込みです。
  7. ページ上部にある[変更を保存]ボタンをクリックします。

次に、クライアントIDとクライアントシークレットの値を以下の2つのフィールドにコピーします。

これらの資格情報は、次の手順でアプリケーションの認証に使用します。

セキュリティに関する注意

API資格情報は、ブラウザキャッシュに保存されています。このガイドで後から出てくるリセットボタンをクリックして、この情報を消去することを強くお勧めします。

まとめ

  • 新しいBoxアプリの作成を選択しました。

    • Developerアカウントにサインアップ(必要な場合)
    • OAuth 2.0認証を使用するカスタムアプリを作成
    • アプリケーションのリダイレクトURLを設定
  • または、既存のBoxアプリの使用を選択しました。