SDKを使用したアプリトークン

ガイド認証アプリトークン認証SDKを使用したアプリトークン

SDKを使用したアプリトークン

Box公式SDKには、アプリトークン認証のサポートが組み込まれています。

アプリトークン認証は、Box APIを直接操作するよう設計されており、ユーザーがアプリケーションを承認するためにBoxを介してリダイレクトする必要はありません。ただし、この認証はアプリケーションのデータのみに制限されています。

JWTを使用した認証方式は、もともとアプリケーションのサービスアカウントに関連付けられています。このトークンを使用して実行されるAPI呼び出しはどれも、このアプリケーションから実行されているように見えますが、明示的なアクセス権がなければ他のユーザーのファイルやフォルダにはアクセスできません。

前提条件

開始する前に、以下の手順を完了しておく必要があります。

  • 開発者コンソール内でBoxアプリケーションを作成する
  • アプリケーションがアプリトークン認証を使用するよう構成されていることを確認する
  • アプリケーションのプライマリアプリトークンとセカンダリアプリトークンを生成し、コード内のどこかにこれらのトークンを保存する

SDKクライアントの初期化

アプリトークン認証のためにSDKクライアントを初期化するには、SDKがインストールされていることを確認してから、以下のようにSDKを構成します。

.Net
var config = new BoxConfig("[CLIENT_ID]", "", new Uri("http://localhost"));
var session = new OAuthSession("[APP_TOKEN]", "N/A", 3600, "bearer");
var client = new BoxClient(config, session);
Java
BoxTransactionalAPIConnection api = new BoxTransactionalAPIConnection("[APP_TOKEN]");
Python
from boxsdk import Client, OAuth2

auth = OAuth2(access_token='[APP_TOKEN]')
client = Client(auth)
Node
var BoxSDK = require('box-node-sdk');
var sdk = new BoxSDK({
  clientID: '[CLIENT_ID]',
  clientSecret: ''
});

var client = sdk.getBasicClient('[APP_TOKEN]');

これを使用すると、アプリケーションは、アプリトークン認証に対して有効になっているエンドポイントのいずれかにAPI呼び出しを実行できます。