As-Userヘッダー

As-Userヘッダー

as-userヘッダーを使用すると、OAuth 2.0アプリケーションは別のユーザーの代理になることができます。

curl https://api.box.com/2.0/folders/0 \
  -H "as-user: [USER_ID]"
  -H "authorization: Bearer [ACCESS_TOKEN]"

この場合、ユーザーIDはユーザーのBox識別子です。どのユーザーでも、ユーザーIDは、管理者だけが利用可能なGET /usersエンドポイントを介して確認できます。また、認証済みのユーザーセッションでGET /users/meエンドポイントを呼び出して確認することもできます。

前提条件

as-userヘッダーを使用するには、いくつかの要件があります。最初に、アプリケーションは、開発者コンソールでユーザーとして操作を行うよう構成する必要があります。

高度な機能

さらに、認証済みユーザーは、管理者権限を持つユーザー、つまり、管理者、共同管理者、またはサービスアカウントのいずれかである必要があります。詳細については、ユーザータイプのガイドを参照してください。

SDKを使用したas-user

.NET
var user_client = new BoxClient(config, session, asUser: '[USER_ID]');
Java
client.asUser([USER_ID]");
// client.asSelf();
Python
user_to_impersonate = client.user(user_id='[USER_ID]')
user_client = client.as_user(user_to_impersonate)
Node
client.asUser('[USER_ID]');
// client.asSelf();

SDKには、他のユーザーに対して新しいクライアントを作成するものもあれば、既存のクライアントを変更して、そのクライアントが元のユーザーに対して認証される状態に戻せるようにするものもあることに注意してください。