フォルダ内のすべての項目に対するメタデータの強制適用

ガイド メタデータ メタデータカスケードポリシー フォルダ内のすべての項目に対するメタデータの強制適用

フォルダ内のすべての項目に対するメタデータの強制適用

メタデータカスケードポリシーがすでにフォルダに存在する場合は、メタデータカスケードポリシーのidを指定してPOST /metadata_cascade_policies/:id/apply APIエンドポイントを呼び出すことで、フォルダ内のすべての項目にメタデータインスタンスを強制的に適用できます。

cURL
curl -i -X POST "https://api.box.com/2.0/metadata_cascade_policies/21312/apply" \
     -H "Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>" \
     -H "Content-Type: application/json" \
     -d '{
       "conflict_resolution": "overwrite"
     }'

ポリシーのidを取得するには、フォルダに対するすべてのポリシーのリストを取得します。

メタデータカスケード操作は非同期的に開始されます。このAPI呼び出しは、カスケード操作が完了する前に直ちに復帰し、202 Accepted HTTPステータスコードを返します。現時点では、この操作がいつ終了したのかを確認する方法はありません。

競合解決

このAPIに追加のconflict_resolutionパラメータを渡すことで、フォルダ内のいずれかの項目でテンプレートの既存のインスタンスを扱う方法を定義できます。

conflict_resolutionに値を設定していない場合、デフォルトでは、このAPIによってすべての項目の既存の値が保持されます。値をoverwriteに設定すると、カスケードポリシーに適用されているテンプレートの値が強制的に適用され、既存の値は上書きされます。