次の手順

次の手順

このクイックスタートガイドが完了しました。ここまで、以下の手順を実行しました。

  1. 使用できるすべてのテンプレートのリストを取得しました。
  2. 会社固有のデータを保持するカスタムメタデータテンプレートを作成しました。
  3. ファイルにカスタムメタデータテンプレートを適用し、カスタムデータをファイルに割り当てられるようにしました。
  4. ファイルのメタデータインスタンスを更新し、ファイルに割り当てられたデータを変更できるようにしました。
  5. メタデータテンプレートを更新し、このテンプレートのすべてのインスタンスに適用されたデータを変更しました。
  6. ファイルやフォルダに対してクエリを実行し、ファイルとフォルダに適用されているメタデータインスタンスの値と照合しました。

次に行うべきこと

Box APIでのメタデータの使用について詳しく知りたい方には、次のリソースをお勧めします。