浮動小数点メタデータフィールド

ガイドメタデータメタデータフィールド浮動小数点メタデータフィールド

浮動小数点メタデータフィールド

floatタイプのメタデータフィールドは、数値入力のみが可能な標準のテキストフィールドとしてユーザーに表示されます。

文字列フィールド

浮動小数点フィールドの作成

floatフィールドは、メタデータテンプレートの作成時、またはaddField操作によるテンプレートの更新時にメタデータテンプレートに追加できます。

floatフィールドの必須属性は、typedisplayName、およびkeyです。

{
  "scope": "enterprise",
  "displayName": "Contract",
  "fields": [
    {
      "type": "float",
      "key": "contract_value",
      "displayName": "Contract Value",
      "description": "The contract's total value",
      "hidden": false
    }
  ]
}

必要に応じて、UIでユーザーに表示されるdescriptionを指定できます。また、このフィールドをhiddenに設定して、ウェブアプリとモバイルアプリでユーザーに表示されないようにすることもできます。

浮動小数点フィールドの更新

floatテンプレートフィールドは、このフィールドが属するテンプレートを更新することで更新できます。テンプレートの更新は、ファイルまたはフォルダにすでに割り当てられているテンプレートも確実に更新される操作によって行われます。

floatメタデータフィールドを更新する際、関連する操作は、フィールドのkeydisplayNamedescription、およびhiddenの値を変更するのに使用できるeditField操作のみです。

[
  {
    "op": "editField",
    "fieldKey": "contract_value",
    "data": {
      "displayName": "Total Annual Contract Value",
      "description": "The contract's total anual value",
      "key": "contract_tav",
      "hidden": true
    }
  }
]

これは、このテンプレートの既存のインスタンスに影響します。