ファイルバージョン

ファイルバージョンの標準レプリゼンテーション

このリソースにはAPIの使用時に発生する可能性があるいくつかのバリエーションがあります。

通常、標準バリアントに含まれるフィールドは、固有のAPIエンドポイントを介してこのリソースがリクエストされたときに返されます。 たとえば、fieldsパラメータが指定されていない場合、IDでファイルを取得すると、これらのフィールドが返されます。

string
12345

ファイルバージョンを表す一意の識別子。

string
file_version

次の値に固定: file_version

string / date-time
2012-12-12T10:53:43-08:00

ファイルバージョンオブジェクトが作成された日時

string / date-time
2012-12-12T10:53:43-08:00

ファイルバージョンオブジェクトが最後に更新された日時

ファイルバージョンを最後に更新したユーザー

string
tigers.jpeg

ファイルバージョンの名前

string / date-time
2012-12-12T10:53:43-08:00

ファイルバージョンオブジェクトが完全に削除される日時。

string / date-time
2012-12-12T10:53:43-08:00

ファイルバージョンがごみ箱から復元された日時。

ごみ箱からファイルバージョンを復元したユーザー。

string
134b65991ed521fcfe4724b7d814ab8ded5185dc

ファイルの現在のバージョンのSHA1ハッシュ。

integer / int64
629644

ファイルバージョンのサイズ(バイト単位)

string / date-time
2012-12-12T10:53:43-08:00

ファイルバージョンオブジェクトがごみ箱に移動された日時。

ファイルバージョンをごみ箱に移動したユーザー

Ellis Wiggins

ファイルをアップロードしたユーザーの表示名。ほとんどの場合、これはアップロード時点のログインユーザーの名前です。

このファイルをアップロードしたのがログアウトしていたユーザーで、アップロード時にメールアドレスが指定された場合は、このフィールドによってそのメールアドレスが返されます。

このファイルがファイルリクエストフォームを使用してアップロードされた場合、このフィールドは、File Requestという値を返すように設定されます。メールアドレスは追加されません。

メールアドレスが指定されなかったその他すべての匿名のケースでは、このフィールドの値は、デフォルトで「匿名アップロードユーザー」になります。

レスポンスの例

{
  "id": 12345,
  "type": "file_version",
  "created_at": "2012-12-12T10:53:43-08:00",
  "modified_at": "2012-12-12T10:53:43-08:00",
  "modified_by": {
    "id": 11446498,
    "type": "user",
    "login": "ceo@example.com",
    "name": "Aaron Levie"
  },
  "name": "tigers.jpeg",
  "purged_at": "2012-12-12T10:53:43-08:00",
  "restored_at": "2012-12-12T10:53:43-08:00",
  "restored_by": {
    "id": 11446498,
    "type": "user",
    "login": "ceo@example.com",
    "name": "Aaron Levie"
  },
  "sha1": "134b65991ed521fcfe4724b7d814ab8ded5185dc",
  "size": 629644,
  "trashed_at": "2012-12-12T10:53:43-08:00",
  "trashed_by": {
    "id": 11446498,
    "type": "user",
    "login": "ceo@example.com",
    "name": "Aaron Levie"
  },
  "uploader_display_name": "Ellis Wiggins"
}