ステータススキルカード

メタデータサイドバーにステータスメッセージを配置するBox Skillメタデータカード。

string
skill_card

次の値に固定: skill_card

string / date-time
2018-04-13T13:53:23-07:00

このカードの作成日時 (省略可)。

object

このサービスの呼び出し。メタデータを適用したサービスのインスタンスを追跡するために使用されます。

image-recognition-service-123

このメタデータを適用したサービスのインスタンスを表すカスタム識別子。例えば、image-recognition-serviceが複数のノードで動作する場合、このフィールドを使用すると、メタデータの適用に使用されたノードのIDを識別できます。

skill_invocation

次の値に固定: skill_invocation

object

このメタデータを適用したサービス。

string
image-recognition-service

このメタデータを適用したサービスを表すカスタム識別子。

string
service

次の値に固定: service

カードのタイトル。

status

タイトルの識別子 (省略可)。

Status

UI上で表示する実際のタイトル。

status

次の値に固定: status

object

スキルのステータスを設定します。これは、スキルがデータを処理している間またはファイルを処理できなかった場合にユーザーにメッセージを表示するのに使用できます。

success

このスキル呼び出しのステータスを表すコード。デフォルトでは、各コードには独自のメッセージが伴います。これらのメッセージを調整するには、このオブジェクトのmessage値を設定します。

次の値のいずれか1つ: invoked,processing,success,transient_failure,permanent_failure

We're preparing to process your file. Please hold on!

このステータスで提供できるカスタムメッセージ。ウェブアプリでエンドユーザーに表示されます。

レスポンスの例

{
  "type": "skill_card",
  "created_at": "2018-04-13T13:53:23-07:00",
  "invocation": {
    "id": "image-recognition-service-123",
    "type": "skill_invocation"
  },
  "skill": {
    "id": "image-recognition-service",
    "type": "service"
  },
  "skill_card_title": {
    "code": "status",
    "message": "Status"
  },
  "skill_card_type": "status",
  "status": {
    "code": "success",
    "message": "We're preparing to process your file. Please hold on!"
  }
}