コラボレーションホワイトリストエントリのリストを取得

get
https://api.box.com/2.0
/collaboration_whitelist_entries/

現在の会社とのコラボレーションが許可されているドメインを示す、ホワイトリストエントリのリストを返します。

リクエスト

Bearer [ACCESS_TOKEN]
application/json

クエリパラメータ

integer / int64クエリ内省略可能
10001000

返す項目の1ページあたりの最大数。

stringクエリ内省略可能
JV9IRGZmieiBasejOG9yDCRNgd2ymoZIbjsxbJMjIs3kioVii

結果が返される開始位置のマーカー。マーカーベースのページ割りを使用している場合に使用されます。

これを使用するには、usemarkertrueに設定する必要があります。

レスポンス

コラボレーションホワイトリストエントリのコレクションを返します。

予期しないクライアントエラー。

get
コラボレーションホワイトリストエントリのリストを取得
このドキュメント内で一部のAPIを試せるようになりました。
ログイン

リクエストの例

cURL
curl -X GET https://api.box.com/2.0/collaboration_whitelist_entries \
     -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>'
.NET
BoxCollectionMarkerBased<BoxCollaborationWhitelistEntry> whitelistedDomains = await client.CollaborationWhitelistManager
    .GetAllCollaborationWhitelistEntriesAsync();
Java
BoxCollaborationWhitelist.getAll(api);
Python
whitelist_entries = client.collaboration_whitelist().get_entries()
for entry in whitelist_entries:
    direction = entry.direction if entry.direction != 'both' else 'bidirectional'
    print('Domain {0} is whitelisted for {1} collaboration'.format(entry.domain, direction))
Node
client.collaborationWhitelist.getAllWhitelistedDomains(callback);

レスポンスの例

{
  "entries": [
    {
      "id": 11446498,
      "type": "collaboration_whitelist_entry",
      "domain": "example.com",
      "direction": "both",
      "enterprise": {
        "id": 11446498,
        "type": "enterprise",
        "name": "Acme Inc."
      },
      "created_at": "2012-12-12T10:53:43-08:00"
    }
  ],
  "limit": 1000,
  "next_marker": 3000,
  "prev_marker": 1000
}